価値の提供で結果が決まる × 香川真司のコンバート

どうも、こんにちは。ノジーです。

今日は朝からYoutubeで『フジフジ富士Q』の動画を見て
奥田民生の『茜色の夕日』に1人で静かに号泣していました。

僕はライフスタイルの中で“泣くこと”をとても重視していて、
映画やドキュメンタリー、ライブ動画なんかを見たりすることで
“泣くための時間”を定期的に作るようにしています。

涙を流すことで、モヤモヤしたわだかまりがスッと晴れていき
気持ちがかなりスッキリとするので、ストレスを解消することができます。

また、涙が出るくらい感動的な作品に触れること自体も
クリエイティブな感性が磨かれるのでオススメです。

僕の場合は特に音楽のライブを見ると自然と涙がでるのですが、
“どんなジャンルで泣けるのか”というのは人それぞれ個人差があるので
ぜひあなただけの感動を見つけることを習慣にするといいですね。

さて、今回は多くの読者さんからご質問をいただくことの多い、
『自己投資』についてのお話をしていきたいのですが、
基本的にビジネスというものは『価値を提供する』ことで成立します。

例えば、商品を販売する場合、商品を購入することで得られる価値が
その価格よりも上回ると判断する場合にモノは売れます。

なので、商品やサービスを販売してお金を稼ごう!と思ったら
価値が高いものを作り、その価値を感じさせる売り方をしないといけません。

またアドセンスを使ってブログで稼いでいこうとする際には
広告報酬を支払う広告主にとって価値のあるブログを作る必要があります。

それでは広告主にとって価値の高いブログというのはどういうものかというと、
これは単純に広告の費用対効果が高くなるような媒体ということですよね。

テレビのCMをイメージしてもらえればわかりやすいのですが、
なんでテレビ局が視聴率を0.1%単位で競い合っているかというと、
視聴率が良くないとCM枠の価値が落ちるので、広告収入が下がるからです。

つまり、

視聴率が高いということは、それだけCMを見る人の数も多いので、
CMを流す企業からするとお金を払う価値がある番組ということになります。

本当は番組の時間帯とか内容とか視聴者層とか色んな要素が絡んでくるんですけど
めちゃくちゃわかりやすく仕組みをお伝えするとこんな感じです。

ですので、同様に考えると『価値のあるブログ』というのは
そもそもの前提としてアクセス数が高いブログということになります。

ただWeb広告の場合はテレビCMと違って、
広告をクリックした人がその後、
実際に商品を購入するかどうか丸わかりです。

ですので、クリック後の成約率が高いサイトに
広告主も多くの収益を支払いたいのでアドセンス単価も高くなります。

そのため、『ただブログを書けば稼げます!』という事実の裏には
広告主に対して価値を提供するという『価値提供』が存在するというわけです。

要するに、お金を稼ぐためには価値を提供しないといけないということ。

そして、『価値を提供する』ことができる人間になるためには
やっぱり知識を増やしたり、経験を積んだり、実力を養う必要があります。

つまり、

お金を増やすためには価値を提供しないといけない。
価値を提供するためには、価値を身につけないといけない。

ということですね!

じゃあどうすれば価値を身につけられるかというと、
ここまで来たらもうなんとなく予測はできますよね??

『価値』と『お金』が等価交換される以上、
価値を身につけようと思ったらお金を支払うのが一番手っ取り早いんですよ。

もちろん、その他の方法でも、こちらから価値を提供することで、
その価値に見合った、別の価値を受け取ることは可能です。

例えば、真面目な例で言うと、英語を学びたいという人が
日本語を学びたいアメリカ人と知り合って、
『日本語教えてあげるから英語教えて!』という交渉を持ちかければ
お金を払うことなく『英語力』という価値を身につけることが可能です。

実際に僕も大学時代はそうやってスウェーデン人の留学生に
日本語を教える代わりに英語を教えてもらっていました。

また、下世話な例で言うと、例えば佐々木希が僕の元にやってきて
一夜を共にしてあげるからビジネスのやり方を教えてと誘惑してきたら
もしかしたら、有料級の情報を無料で教えてしまうかもしれません(笑)

これらは1つの例にすぎないですが、
価値を受け取るためには、最低でも同レベル以上の
価値をこちらから差し出す必要があるということですね。

ただ、このような個人的な概念での価値の交換には限界がありますし、
そもそもそんな与えられる特別なモノなんて持っていない人も多いので
やっぱり、価値を得るにはお金を払うのが最も手っ取り早いですね。

ネットビジネスに興味がある人の大半は
『できればお金を使わずに成功したい』という願望がありますが、
お金を使わずに価値を得るなんて最高に難しすぎます(笑)

なので、お金を使わずに成功するっていう面倒くさいことをするくらいなら
最初の頃から必要なものにお金を投じて、手っ取り早く稼いでしまって
短期間で大きなリターンを得られるように頑張る方が遥かに効率良いですね。

実際に僕もビジネスのことなんて右も左も分からない頃に
30万円以上の高額な自己投資をしたわけですが、
1年も経たないうちに軽くそれ以上のリターンを手にしたわけですから。

もし無料でやろうとしていたら、
今でも茨の道でもがいていたことでしょう。

今やネットのおかげで多くの有料級のコンテンツを
完全に無料で得ることができるようになりました。

だけど、どう考えても有料級の無料コンテンツとは言っても
有料のコンテンツと比較したら価値は落ちるのが普通です。

というか、そうじゃなかったら有料である意味がないですからね。

確かにYoutubeで見る奥田民生の『茜色の夕日』も
本当に胸を打たれて『これが無料で公開されてていいの?』ってレベルですが
お金を払って生で見るのとは根本的に価値が違うのは当たりまえでしょう。

ビジネスで成果を出すためには価値を提供する必要がある。
価値を提供できる人になるためには、自己投資しないと効率が悪い。

これが今日お伝えしたいもっとも重要なポイントです。

成功できない人って『俺はどうせ価値なんてないから…』みたいに
意味の分からない言い訳をして勝手に諦めていくんですが、
このメルマガを最後まで読んでいただいたあなたは、
そんな人のことは気にしないで、差をつけるための行動をしていきましょう。

最初は誰でも『与えられる価値』なんてなくて当然です。
価値を与えられる人になるために、価値を受け取り続ける。
そのために大事なのが自己投資と実践&学習です。

これを拒絶してしまう人はどんどん周りの実践者から置いていかれるので
理想的な未来を手にしたいのであれば、
どんどん価値を吸収するためのアクションを起こしていきましょう。

P.S.
以前の不定期メルマガでは『自分に言い訳をしない』という話の例として
サッカー日本代表の香川真司選手について軽く触れました。

香川選手はもともとシュートが下手な中盤の選手だったんですが、
監督から『フォワードやってみなさい』という命令を受けて
最初は『いや、俺シュート下手だし!』と拒否をしたんですよね。

しかし最終的に『シュートが下手なら、自分の得意なドリブルで
相手のキーパーまで抜いてシュートを打たずにゴールすればいい』と
意識の持ち方を変えることで、今のようなレベルまで成長したのです。

もちろん、苦手だったシュートの練習も熱心に取り組んだとは思いますが、
『無理』と拒絶をするのか、与えられた試練に自分なりに向き合うのかで
その後の未来は大きく変わっていくものですね。

言い訳をしてやらない人は絶対に稼げるようにはならないので
その自覚が少しでもある人は今この瞬間から意識改革をしていきましょう!

P.P.S.
実際に価値のないものを売ってお金稼ぎをすることもできますし、
そのような稼ぎ方をしている人もネットビジネスの世界では少なくないです。

ただ、その場合あっという間に信頼が損なわれてしまうので、
長期的な成功ができず、いわゆる一発屋で終わってしまいます。

自分自身も周囲の人も幸せになれるようなビジネスをやっていくのであれば
しっかりと価値を提供していくことに集中したほうがいいですね。

今日のお話は少し難しいところも多かったので
質問したいことや感想がありましたらぜひお気軽に送ってくださいね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です