死ぬ直前に後悔する5つのこと × 24時間ヒーローごっこ

どうも、こんにちは。ノジーです。

ついこの前、何の気なしに楽天市場を見ていたら、
『1日5分を6週間続けるだけでウエスト10cm減!』という
何ともベネフィットの塊のようなレターを見つけたので、
即決で買い物カゴに入れクレジット決済をしたノジーです。

短期間で少ない労力でアッと驚く成果という
コピーライティングのお手本のようなフレーズですね。

更に権威のある学者さんのお墨付きとか、
動画によるテストモニュアルとか、
セールスレターとしては本当に完璧だったので、
これはもう買うしかないっしょ!って心の中で叫んでしまいました(笑)

どっちかというと、夏に向けて身体を整えたいという欲求よりも
『本当にそんな成果が出るのか試してやろう』みたいな
知的好奇心や冒険心が勝ってしまったような感じです。

ネットビジネスで成果を出せる人になりたいのであれば、
仕掛けられる側の視点ではなく、仕掛ける側の視点に立って
常に頭を回転させながら物事と向き合っていく必要があります。

普段は胡散臭いな~と思ったり冷ややかな視線を向けることの多い
テレビショッピングやセールスレター、あるいは政治家の演説なんかも
『なんでこんな表現をしてるんだろう?』と考えを巡らせてみて
仕掛ける側の視点に立つということを意識してみると成長が速いですね。

さて、今回はクライアントさん向けのメルマガで
特に反響が大きかった内容を含む3本立てです!

死を間近にした人が口にした5つの後悔

オーストリアの看護師の有名なインタビューによると
人が死の間際にして口にした『人生の後悔』は
次の5つの内容が多いとのことです。

・自分自身に忠実に生きればよかった

・そんなにたくさん働かなくてもよかった

・もっと自分の気持ちを伝える勇気を持てばよかった

・友人関係をもっと大切に続けていればよかった

・自分自身をもっと幸せにしてあげればよかった

どうでしょうか?
きっと多くの人はこれらの言葉にグサッとくると思います。

現に社畜時代の僕もずっとこんなことばかり考えていたわけで
でも、そんな自分の気持ちになかなか素直になることもできず、
理想と現実の間で悩むあまり、どんどん負の方向に落ちていました。

そこで『自分のビジネスをやろう』と決断した時に
心に固く誓ったことが1つだけありましたが、それは
『自分自身の幸せに妥協しない』ということ。

自分自身が幸せになるためにはどんな労も惜しまないし
決してその過程で妥協しないようにしよう。

自分の幸せを追求する過程で他人から批判されたり、
『世の中への逃げだ』と罵詈雑言を浴びせられるかもしれないけれど
それでも自分自身の感情を裏切らずに生きていこう。

そんな決意を持ってビジネスをやろうと思っていました。

人と違うことをやるということは
少なからず周りから色んなことを言われる機会を
否が応でも引き寄せてしまうものです。

だけど、本当に自分にとっての幸せはどこにあるのか、
その率直な思いから逃げることなく
自分が信じた道を思い切って進むことが
一度しかない人生を後悔しないで生きるコツかもしれないですね。

人生は誰も変えてくれない

とてもシンプルなことですが、理想の生活を掴むためには
結局のところ、自分で覚悟を持って前へと進んでいくしかないんです。

そのための効果的なやり方や理想的な手段を教えてくれたり、
あるいは困ったときに指針を与えてくれるような人と出会えたとしても、
自分自身が動き出さなければ何も変わることはありません。

例えばネットビジネスの存在を知り、ノウハウを手に入れたところで
それを実際に行動に起こしていかないと何も変わりません。

そして、こういう話を100人にしたとしても、
実際に動き出して、たったの数ヶ月続けられる人は
およそ2,3割もいればいい方だと僕は感じています。

どれだけ多くの成功者が『できない理由を考えるな』と発信しても
ほとんどの人は『できない理由ばかり』挙げ連ねるものですからね。

だいたいの人は自分には無理だと勝手に判断して
自分自身の人生を変えることに真剣に向き合おうとしないか、
『いつか成功できるだろう』というフワッとした期待感から
真剣になりきれずにダラダラと過ごしてしまうものです。

成功は無理と決め付けるのは楽なものです。

考えることを放棄して今までの自分と同じ状態でいればいいだけですから
エネルギーも使わないですし、傷つくことも少ないと感じられるでしょう。

その一方で『どうしたらできるか』を考える場合は、
頭を使わなければいけないので、その分困難であることは間違いないです。

だけど、『どうせできない』と始まる前から拒絶してしまう人と、
『こんな自分だけどどうしたら上手くいくかな』と考えることができる人、
どっちが将来的に成功を掴むことができるかは一目瞭然ですよね?

自分の人生を自分のこととして考えられる人、
そういう人から成功を手にしていくのは間違いないです。

知識やセンス、技術なんてものは実践の過程で身についていくんですから、
その実践をどれだけ真剣にやれるのかが大切なことです。

P.S.
サッカー日本代表の香川真司選手は、実はデビューした頃は
守備的なポジションを専門としていました。

そこで当時の監督によって攻撃的なセンスを見出され、
もっと攻撃的なポジションに挑戦しろと命令されたんですね。

そこで香川選手は『いやいや、俺シュート下手だし!』と
最初は頑なに否定するわけですよ。

このメルマガの話で言うと『できない理由』ばかり挙げる
言ってしまえば、成功できない人の考え方です(笑)

しかし、そこから監督としっかり向かい合った香川選手は
『どうしたらシュートが下手な俺が攻撃的なポジションで活躍できるか』
といった具合で意識改革に乗り出すわけですね。

その結果、香川選手が導き出した答えは

・・・

また次回のメルマガでお伝えします!(笑)

P.P.S.
手っ取り早く成功したいんだったら、
自分が理想としている成功者に成り切って
24時間を過ごしてみるといいですね。

『憧れの理想像の自分だったら』と考える事で
成功から遠ざかる行動から遠ざかるはずですし、
成功することにフォーカスした毎日を送れるはずです。

これはビジネスだけでなく何にでも言えることです。

もしダイエットに成功してモデル体型になっている自分だったら
今日の夕飯のメニューはどうするのか?

もし1年後に英語がペラペラになっている自分だったら、
今からスマホゲームをするか英語の教材で勉強するのか?

こんな感じで、子供の頃にヒーローごっこをしたような感覚で
理想の自分ごっこを心がけると、その姿に近づいているものですよ。

それでは今日はこの辺りで失礼します!
感想もお待ちしていますので、ぜひお気軽に送ってくださいね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です