【本日終了】時代に愛されるメルマガライティングを。

こんばんは、ノジーです。

ここ数日間ご案内させて頂いていた
『メルマガ解体新書』ですが、
募集は本日をもって終了いたします。

今までお付き合いいただき、
本当にありがとうございました…!

ちなみに昨日ですが、

販売開始してから
最高の売上本数を記録しまして…。

僕自身もすごく驚いています。

別に最終日だからゴリ押しして、
希少性を煽りたいわけじゃないですけど、
ただ事実としてお伝えさせていただくと、
今日以降のご案内はできなくなります。

興味があれば、
まずはレターを読んでみてくださいね。
https://nozziedesign.com/anatomyletter

実はこの数日間でちょくちょく
「迷ってます」的なご相談も
メール返信で頂いていますが、

とりあえず僕は
「自分の意思で決めること」
以上に大事なことはないと思ってます。

レターを読んでみて、

必要性があると感じられたり、
面白そうと思ったり、
学んでみたいなと思ったら、

参加してみればいいと思うし、

逆にそこまで前向きになれないなら
今回はお見送りすればいいのです。

まぁ僕的には、

メルマガをやってる人
これから情報発信する予定がある人
情報発信を指導する立場の人

にはマストなものを作ろうと思って
リリースしているんですけどね…!

そもそも

買った方がいいでしょうか?

みたいな質問をされて、

買わない方がいいです!

と答られるようであれば、
最初から売るなよって話ですし…笑

ただ何事にも言えるんですけど、
人は自分で決めたことじゃないと
その後の行動が充実しません。

数日前の箕輪さんのツイートが
結構バズってるみたいですけど、

https://twitter.com/minowanowa/status/1089065037379952641

僕もまさしくそう思ってます。

参加することや決断することが
ゴールであってはいけない。

むしろ決断はスタートであるべきだから
サクッと決めてしまえばいいんですよね。

そもそも悩む時間って経験上、
なかなかにもったいないものなので…!

あと昨日コンサル生から、
こんな風な質問をいただきました。

==================

今回のメルマガ解体新書は、
ノジーさんの思考の裏側とか
メルマガの書き方がすべて
赤裸々に語られすぎてますけど、

この教材をリリースされて、
書き方や情報発信の仕方が
パクられないかどうかとかって
ご心配ではないのですか??

==================

結論から言うと、
まったく心配とかはないですし、
皆さんも心配しなくて大丈夫です。

なぜかって?

米津玄師の歌は米津玄師が歌うから
多くの人が感動して響くわけですよね?

なんで嵐の活動休止が
あそこまでセンセーショナルなのか。

それは嵐の5人の関係性だったり、
彼らとファンの歴史やストーリーに
価値を感じている人が多いからですよね。

メルマガ解体新書で得ていただくのは
面白くて売れる発信をするための
考え方であり言わば「感覚」です。

もちろん、

・サンドイッチ型のライティング術
・主張に説得力をもたらす技術
・成約率を自然と高める布石の打ち方

などなど。

今すぐ模倣可能なテクニックも
たくさん解説しています。

それらを真似ていただくことで、
直近の売上アップにも
存分にお役立ていただけるでしょう。

ただ、

僕の発信をそのまま誰かが真似しても
絶対に僕と一緒にはならないんです。

なぜなら僕とその人は、
これまでの人生の歴史も価値観も
生まれも趣味も人間関係も
何もかもが違うから。

違う人生を生きている、
文字通りの別人だからです。

だから、
情報発信の具体例を学ぶことは、
本当にオリジナルな存在になるための
一つの通過儀礼だと思ってください。

どうしたら自分の魅力を伝えられるか、
どうしたら感情に突き刺さって、
心が動かされる発信ができるのか。

それを受け取っていただけたら幸いです。

これからのビジネスの世界で
「刺さる発信をするスキル」の必要性は
今後ますます高まっていくでしょう。

その逆に、

抽象的で誰にでも言えるようなことしか
主張することができない人や、
機能的価値ありきの発信しかできない人

悪い意味で寄り添いすぎてしまって
共感フェーズしか抜け出せない人は、

たぶん普通に淘汰されていくはずです。

時代の流れは僕らの思ってるよりも
相当に早いなぁと実感します。

これからは個人の時代だ!

なんて言われていましたが、

周りを見ていると個人の時代は
ちょっともう当たり前すぎるし、
最近は「個」を出しすぎないことで
余白を作る発信者がウケてると感じます。

だからコンセプトやメッセージを
前面に出して個人はEDITORとして
役割づけていくメディアが
今は流行ってきているのでしょう。

これからはストーリーの時代だ!

なんて言われていましたが、

ストーリーの時代も古いよね、
って言われ始めてきています。

ストーリーよりも刹那的な瞬間。
その瞬間の切り取り方の巧みさが
売れる発信を左右すると言われています。

ただストーリーが不要かというと
決してそんなことはないし、
瞬間はストーリーの一部であるべきです。

つまり「どうストーリーを切り取るか」
というフォトグラファー的なセンスが
文字情報でのライティング技術でも
今後はさらに大事になっていくでしょう。

誰にでもわかりやすい発信をしましょう!

なんて言われていましたが、

例えば落合陽一さんみたいに
何を言ってるか難解すぎるような人が
世の中でめちゃくちゃ支持されています。

誰にでも明確にわかりすぎるものに
恐らくブランドなど生まれないのでしょう。

最後になりますが、
「売れる人」になるための条件として、
時代に愛されている感覚は
どの世界でもマストだと僕は思ってます。

時代に愛される発信者になろう!

なんて言うと、
ちょっと大げさに聞こえるでしょうか?

でもみんなが発信力を高めて、
時代を切り取る感覚を高めて、
面白い情報発信ができるようになれば、

なんかすごくドキドキしないですか??

今回はボリュームもかなり多いですが、
その分「感覚をインストールする」
という点ではベストかと思っています。

ということで、
メルマガ解体新書は今日で
ご案内を締め切ります。

メルマガ解体新書
https://nozziedesign.com/anatomyletter

興味があれば、
ぜひ一緒に学んでいきましょう!

P.S.

もし決済が完了したにも関わらず、
教材案内のメールが届いていない場合は、
僕まで直接お問い合わせください。

それでは、失礼いたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です