缶コーヒー片手の会議室から生ビール片手のバーベキューへ。

こんばんは。ノジーです。

独立して会社員生活とは無縁の
自由人ライフを満喫している人は
大型連休にはインドアに引きこもって
平日にアクティブになるとよく言います。

僕もその例に倣って、
この三連休は自宅で読書をしたり、
映画を見たりして過ごしていました。

近々セミナー講師の予定が立て続けに入っていて
『ずっと遊び』というわけにはいきませんでしたが…。

まぁとりあえず天気もあまり良くないし
インドアな生活を楽しんでいましたね。

その一方で、先週の木曜日には
起業家仲間たちと茅ヶ崎にて
BBQを楽しんできました。

平日の午後。

僕がサラリーマンだった頃なら、
缶コーヒー片手に睡魔と格闘していた
辛い辛い会議中の時間帯です。

あるいは飛び込み営業先で
ひたすら頭を下げ続けていたか。

そんな普通の人なら働いている時間帯に、
ビールを片手に肉を喰らい続ける、
そんな幸せがあっていいものか…。

実際にそのバーベキュー会場には
僕等を除いてお客さんは1組のみ。

完全なる半貸切状態でした。

茅ヶ崎から都内に帰宅する時、
帰宅ラッシュのサラリーマンの大群に
横浜駅で巻き込まれたのですが、
『自由』のありがたみを再認識しましたね。

数年前まで自分もその一部で、
自由に憧れるただの人だったので、
やたらと感慨深い気持ちになりました。

お金を稼ぐ仕組みができているからこそ。

茅ヶ崎で平日にBBQをした起業仲間たちは
皆、最高月収で1000万円超え以上の人ばかり。

インターネットビジネス業界という
めちゃくちゃ狭い世界の中で言えば、
皆さん完全にスーパースター級です。

ただ、こういう話をすると、
一部の方からこんな指摘(?)をされます。

======================

ノジーさん。
そんなに稼いでどうするんですか?

正直、私はそこまで
お金を稼ぐことに情熱的になれなくて…。

というか、
お金を稼ぐために頑張ることで、
幸せになれないと思うんです。

でも、ノジーさんのメルマガに惹かれる自分もいて
そんな感情に上手く対処できなくて…。

=========================

これは一例ですが、
こんなテイストのメッセージは
過去に何通もいただいてきました。

ただ、こういうご意見って
僕的にはかなり矛盾しているなと…。

まず、僕を含め平日に自由に楽しく
ガラガラのバーベキュー会場で
バカ騒ぎをしているような仲間たちは、
お金を稼ぐ仕組みがそれなりに確立してます。

例えば、

1回のウェブプロモーションを行うだけで
3000万円規模の利益が確定したり。

あるいは、

毎月ほぼ何もしていなくても
月収100万円前後の収益ができあがったり。

もちろん、こういう仕組みを作るまでは、
それなりに泥臭い努力も必要でしたし、
脳に汗をかきながら試行錯誤した時期もありました。

最初から『自由』なわけではなくて、
仕組みを作ることに関しては、
当然ながら努力が必要です。

今でももちろん勉強や実践を重ねて
ノウハウの研磨に精を出す部分もあるんですが、
そういう過去の努力の積み重ねが合った上で
『働かなくてもお金が入ってくる』、
そういう状態になっているんです。

まぁ努力の積み重ねと言っても
1年や2年とかそれくらいの短さの話ですが…。

だから、正直に言うと今って
お金を稼ぐためにあくせく働かなくても
自由に好きなことをしていればいいんです。

僕のビジネス仲間もみんなそうですよ。

茅ヶ崎在住のIさんは、
最近サーフィンを本格的に始めたらしく、
本当に『いつ働いているんだ』って感じです(笑)

あとは、週4でジムに通い、
残りの3日はテニスに精を出す人。

気に入った映画を何度も何度も
映画館へ足を運び鑑賞している人。

僕も最近は、
思う存分ミステリー小説を読みふけったり
クロスバイクに乗ってオシャレなカフェを開拓したり
趣味でキャンドル作りを始めようとしています。

あと地道なところで言うと、
夜な夜なずっと戦国無双4をプレイしたり(笑)

お金を稼ぐためにあくせくというか、
好きなことをやるために生きている感じです。

じゃあサラリーマンのあなたはどうなのさ。

『お金を稼ぐことが全てではない』

そういう発想や主張は
サラリーマンの方に多く見られますが、
彼らがその職場で働き続ける理由は
いったいどこにあるのでしょうか?

もちろん、

働きがいがあって人間関係もよく
『お金以外の条件』が素晴らしいから。

そういう理由なら何も言うことはありません。

でも、

色んな会社員の方のお悩みを聞いていると
会社にしがみつかなければいけない理由は
結局のところ、

『給料がなくなったら困るから』

だったりします。

サービス残業が当たり前でも
毎日の出勤が苦痛で仕方なくても
会社で上司からいじめられていても、

『給料がもらえるから』

渋々ながら会社に行く。

こういう人の方がよっぽど
『お金のため』に働いていると思いませんか?

実際に大きなお金を稼いでいるかどうかと、
お金のために働いているかどうかは
論理的な関係性ってまったくもってありません。

だから『お金のために働きたくない』のなら、
お金を稼いでいる起業家を否定するのではなく、
どうしたらお金のために働かずに済むかを
真剣に考えて行動に移したほうがいいですね~。

1年や2年も頑張れば
自由に稼ぐ仕組みはちゃんとできていきますから。

まぁそもそもの話として、
『自分が今の職場で働いている理由』が
自覚できていなければ意味が無いので、
まずはそこから考えてみてください!

お金に縛られずに生きる。

自分で収益を自由にコントロールできるようになれば
お金に縛られずに生きることができます。

お金が原因で嫌な職場に縛られることもないし、
お金が原因で不幸な思いをすることもありません。

そして、

それは『意思と覚悟』さえあれば
誰にでもできることです。

ここで一度真剣に考えていただきたいのですが…

お金で幸せは買えないかもしれませんが、
幸せになるための手段なら買うことはできます。

自分の両親が倒れてしまった時、
高度な医療を施してあげたいと思ったら
どうしてもお金がかかります。

子どもの将来の選択肢を広げてあげるには
『やりたい』ことをやらせてあげるには
どうしてもお金がかかります。

『お金がないから
大切な人を助けてあげられなかった』

『お金がないから
大切な人を幸せにできなかった』

僕はそういうのは絶対に嫌ですし、
そんな可能性を見て見ぬふりしてまで
『お金なんか関係ない』とは言いたくないです。

1回しかない人生を好きな事だらけで
埋め尽くして満喫するためにも。

大切な人を守ったり幸せにすることに
妥協を許さないためにも。

バーベキューというポップな話から
いつの間にやらヘビーな感じになりましたが、
そこはご愛嬌ということで!笑

いずれにしても、
今の時代ほど名もなき一般ピーポーが
個人で起業して上手くいく時代はありません。

ぜひぜひ、
あなたの欲求に忠実になってください。

そして、

その欲求を既に実現している人を見つけて
その人が辿ってきたルートを、
あなたも同じように辿ってみてください。

そうすれば、だいたいうまくいきますから。

P.S.
サロンメンバーの莉音さんと対談を撮りました。
テーマは『モテる男はビジネスでも成功できる理由』(笑)

まぁ冗談抜きで恋愛とビジネスって
すごい共通点だらけです。

ビジネスで成功して
理想のライフスタイルを極めたいなら
『モテるマインド』も身に付けるといいですね。

P.P.S.
LINE@もやってます。

http://nozziedesign.com/line

こちらをクリックしていただくか
『@nozzie』で検索してください。

ぜひぜひ今日のメルマガの感想や
動画の感想も送ってくださいね~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です