北海道まで徒歩で行けますか?

こんにちは。
昨日Amazonでビリーズブートキャンプを購入したノジーです。

『何で今さら!』って思っていただけたら幸いです。
冷静に考えて、それが一番正しいリアクションですから。

確か僕の記憶ではビリーズブートキャンプが流行したのは
6年とか7年とかそれくらい前だったと思います。

その後はコアリズムやカービーダンスなどが流行って
ビリー隊長もすっかり筋肉が脂肪に退化してしまわれたみたいです。

そんな遥か昔に流行したトレンド感のかけらもない教材を
今になって買うっていうのは、逆に新しいですね。

そもそも、なんで今さらビリーズブートキャンプを購入したかというと
単純に、僕の理想とする体型から日に日に遠ざかっていることに気づいたからです。

秒速で1秒稼ぐあの方とか、
ライブドアのあの方を思い浮かべるとわかりやすいですが
IT関連の仕事をしていると、どうしても不健康になりやすいです。

ずっとパソコンの前に座って仕事しているわけですし、
そもそも仕事が楽しいので、外を出歩いたり運動をしたりするよりも
1日のほとんどをビジネスに没頭していることも普通にあるわけです。

そんな生活を送っていたら、太るに決まっています。

まぁ僕自身そんなにヤバイぞとは思っていなかったのですが、
先日、久しぶりに”細身”のスーツを着てみたら
思いのほか、締め付けられている感がすごくて普通に気持ち悪くなりました。

そういった理由で、
失われた腹筋を探し求める旅に出ることを決意したのであります。

・・・すいません。
『細身とか言ってスーツのせいにしてんじゃねーよ!』
という批判については、今回は見逃してください。

それはさておき、なぜビリーズブートキャンプなのかというと
実際に数年前にビリーを使って、
約10kgの減量に成功したことがあるからです。

その頃は、メンズよりもレディースの服のほうが
サイズが合うという、なんかもうわけのわからない細さでした。

昔の自分に成功できたのだから、今の自分にできないわけない!
という単純な理屈ですね(笑)

今回も目標は体重10kg減にしようと思います。

僕が目標を達成できるか、それとも残念なノウハウコレクターになってしまうのか
温かく見守っていただけたら幸いです。

さて、今回はある読者さんから要望があったので
今まで僕がいただいた質問をピックアップして
Q&Aコーナーを開催したいと思います!

いただいた質問は、掲載の都合上、少し表現を変えている部分もありますが
質問のニュアンスはそのままにしてあるのでご了承ください。

それでは、1つ目の質問からいきましょう!

***********************************************************************

ノジーさんをはじめとする多くの成功者の方はメルマガで
『自分も普通の人間だった』という普通アピールをしてきます。

でもどう考えても世の中の多くの実践者が稼げない中で
際立った成果を出している人たちは、普通の人なんかじゃないと思います。

たぶん、先天的に何らかの才能があったり、
特筆すべき能力があるにも関わらず、親近感を抱かせるために
普通アピールをしているのだとしか思えません。

***********************************************************************

おっと、いきなり刺激的な質問というか意見が来ましたね(笑)

だけど、この方が言いたいことや考えていることは
僕自身も非常によくわかります。

僕自身も全く稼げていない頃は、月収10万円稼いでいる人は
特別なセンスやスキルに恵まれている人だと思っていました。

ましてや脱サラしてネットビジネス1本で自由に生きている人なんかは
僕とは住む世界が違う神様みたいに思っていましたからね(笑)

ですから、この方の持つモヤモヤ感はすごいわかるんですよ。

しかし、僕とか他の成功者の方が『普通です。』と言っているのは
別に嘘をついているわけではなく、本当に普通の人間で
みんなと同じ場所からスタートしているわけです。

強いて違いを挙げるとしたら、
正しい方向性の努力を少しでも多く実行したこと、
そして、『その他大勢』よりも早くこの世界に飛び込んだこと。

本当にこれくらいです。

この質問者さんの言う『先天的な才能』が僕にあったかはわかりませんが、
少なくとも、正しい努力をしっかり継続することができれば
月収10万円は楽に到達できますし、100万円も十分に射程圏内になります。

世の中の多くの人は、『正しい努力をしっかり継続する』ということを
全くもってやろうとしないか、無意識のうちに間違った方向に進んでしまいます。

従って、ただ正しい方向性の努力を継続していくことができれば
自然と周りとの差別化が図られて、気づいたら周りから尊敬されるような
ポジションに収まっているという結果になるんですね。

それに、マジメに実践を続けていれば
収入が増える過程で、何らかの特筆すべき能力は磨かれていきますし
自分でも知らない自分の長所が発掘できるものです。

ですので、これからビジネスを本格的に行うにあたって、
僕らとのセンスの差なんてものは全く気にする必要はないですよ。

僕もあなたもスタート地点では皆、凡人です。

凡人だからこそ、少しでも成功に近づくために努力を重ねることができ
気づいた時には周りから尊ばれる存在になっているんです。

それでは次に行きましょう!

***************************************************************

ノジーさんには今でもメンターのような方はいらっしゃるのですか?
差支えがなければ教えていただけたら幸いです。

***************************************************************

結論から言うと、僕には現在2人のメンターがいます。

それなりの値段の資金を投じて、彼らの指導を受ける権利を購入し
今ではマーケティングやコピーライティング、SEOノウハウ、
更にはプライベートな人生相談など色んなサポートを受けてビジネスを学んでいます。

ビジネスを短期的に急激に成長させたり、
今度はそれを長期的に安定的に稼げるようにするためには
自分より優れている人に直接教えてもらうことが一番です。

質の高い学びを得たり、手厚いサポートをしてもらうためには
やっぱりそれだけの対価を支払わなければいけないですし、
こちらが何もテイクしないのにギブだけ要求するのは無理のある話です。

よく、ネットビジネスの世界では
自己投資の大切さを伝える際にこんな例が使われます。

『東京から北海道に行くためにはお金を出せば飛行機に乗れるけど
お金を出さなければ、徒歩で行くしかない』

なんか、すごい当たり前のことですが、堂々と言い切ってしまうと
ことわざとか中国の慣用句のような重みが出るものですね(笑)

やっぱり目的地に確実かつ快適に、そして最速で到達するには
それだけの対価を支払わないといけないということですね。

お金が勿体ないからといって、交通費を出し渋っていたら
徒歩で東京から北海道まで向かうことになります。

徒歩で東京から北海道まで行けますか?
僕なら多分、埼玉県に入るか入らないかくらいで嫌になってしまいます(笑)

恐らく多くの人は徒歩で北海道まで行こうとしても
途中で挫折してしまいうので、目的地への到達を諦めてしまうでしょう。

ネットビジネスでも全く同じことが言えて、
途中でやめてしまう人って大体の場合、
お金を払って誰かに教えてもらうってことをしていない人なんですね。

なぜなら、それは徒歩で北海道に向かうように
確実ではなく、最速ではなく、そして快適ではないからです。

そして結局稼げないまま終わってしまうのでは
ネットビジネスに挑戦しようと決意したエネルギーと
実際に取り組んだ時間が勿体ないと僕は思いますけどね。

僕はできるだけ早く成長してお金持ちになりたいと思ってましたし
今でも、目標に向けて全力で取り組んでいる真っ最中です。

そのために、僕の理想とする場所にいる人から
ビジネスを総合的に教えてもらい、それに対する対価を支払っています。

値段以上の価値を毎日受け取っているわけですから
こんなに有意義なお金の使い方はないと感じてますよ。

それでは次に行きましょう!

************************************************

ノジーさんは結構、本を読まれるとお聞きしたので
オススメの新書をおしえてほしいです!

************************************************

色んなところでちょくちょく読書の話をしているからか
意外と読書関連の質問をいただくことも多いです。

今回のご質問では『新書』という括りだったので
僕の生き方とか考え方、ビジネスに影響を与えてくれた本を3冊紹介します。

・独立国家の作り方 / 坂口恭平 (講談社現代新書)

・新個人主義のすすめ / 林望 (集英社新書)

・「わかりやすい文章」の技術 / 藤沢晃治 (講談社)

ネットビジネスの中でも特に情報発信系のことをやりたいのであれば
外部からの刺激を受け入れて、頭と心をよく鍛えていく必要があります。

普段、本を読む習慣がほとんどないのだとしても
少しずつ色んな人の考えに触れていくといいですよ。

それでは、今回のQ&Aはこれにて終了です。

まだまだ取り扱いきれていない質問がたくさんあるので
しばらくはこのコーナーを続けてみようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です