愛車を手放したマツケンが東京に舞い戻る日には。

ノジーです。

僕のコンサル生でMさんという、
20代半ばくらいの男性がいます。

Mさんだと何か匿名性が強すぎて
実在しなさそうな感じが出ちゃうので、
仮にマツケンと呼ぶことにします。

マツケンは趣味について、
ブログでガンガン発信をしていて、
成果も安定的に出始めてきたところで、
趣味仲間もかなりたくさんいるそうです。

彼は副業でビジネスを実践してますが、
『毎日僕の音声コンサルを受けること』を
目標に掲げているみたいです。

だいたい夜の11時ごろに来るので、
その時間を僕はマツケンタイムと呼んでいます。

ブログの添削やアドバイスは
基本的にチャットで行なっているので、
音声コンサルは雑談がメインです。

雑談といってもビジネスに関係ある話で、
時間の使い方とか成功する人の特徴とか、
今までの僕のビジネス遍歴とか、
そういうのを毎日10分ほど話しています。

そんなマツケンですが、
自分の好きなこと(=起業)のために、
夏で会社を辞めることを決めたそうです。

ただ彼はそこまで手元に
キャッシュがあるわけではありません。

なぜかというと、
マツケンは車がめちゃくちゃ好きで、
彼の年齢やステージ感を考えると、
身の程しらずな高級車に乗っていたからです。

もっと自分のビジネスに時間を使いたいし、
会社なんか早く辞めてしまいたい。

だけどビジネスはまだ軌道に乗る前で、
手元にキャッシュもそこまでない。

そんな状況を打破するために、
彼は2つの選択をすることにしました。

1つは実家に帰ること。

もう1つは愛車を売り払うことです。

東京で一人暮らしをしていると
どうしてもお金がかかります。

でも実家に帰れば家賃も浮きますし、
家族との関係が良好である限りは
最低限の文化的生活は保障されます。

だから、
将来のために起死回生を図りたいなら
一回ホームに帰って態勢を立て直すのも
非常に効果的な戦略であることは確かです。

(僕は昔それをやろうと試みたところ、
両親からNO!と突き付けられましたが…笑)

夢追い人にも生活があるわけですが、
夢を追うことにもお金がかかります。

インターネットビジネスのように、
お金をかけずとも追える夢もありますが、
クオリティやスピード感を考えたら、
やはり『自己投資』は不可欠でしょう。

夢を実現させるためのお金。
最低限の生活に必要なお金。

この2つが必要になるわけですが、
前者は『投資』で後者は『消費』になります。

お金の使い方には大きく分けて
浪費と消費と投資の3つがありますが、
将来お金を増やそうと思ったら、
『投資』の割合を増やさないといけません。

使えるお金の額が決まっているのなら、
それをどう分配するかが重要になります。

夢を本気で実現させるためには、
夢を実現させることに対して
時間や労力やお金を積極的に投じるべき。

使えるお金が限られているなら、
生活費や固定費を削減していくこと。

それによって、
夢に使えるお金を増やしていくことですね。

もう1つ目の『愛車の売却』ですが、
それをご報告してくださった時、
マツケンはこんなことを言っていました。

=================================

さすがに正直さみしいですけど、
将来もっとグレードの高い車を買うんで、
そう思うと全然大丈夫です!

それに自分が情報発信していくときに
ストーリーのハイライトができて、
そういう意味でも美味しいんじゃないかと思ってます。

=================================

夢を追うための軍資金を稼ぐために、
大切な愛車を泣く泣く売る。

しかもその愛車は会社員時代に、
年齢や収入に不相応なグレードなもので
相当頑張って無理して買ったものだった。

だから正直なところ、
お別れがめっちゃ辛い。

だけど、
自分のビジネスを向上させるための
お金を増やすために決意を固めた。

そして彼は愛車と一緒に、
最後のドライブに出かけた…。

そして月日が流れ、

田舎から再び東京に彼は戻ってきた。

ビジネスで成果を出している彼は、
前の愛車への思いを抱きしめながら、
よりグレードの高い新車を購入する。

あの時、頑張ることができたのは、
最後のドライブの美しい記憶が、
胸を刺すような切ない痛みがあったから。

愛車への感謝を示すように、
新しい車を購入した彼は、
更なる高みに向けてまた走り出す…。

…どうでしょう?

めっちゃ良いストーリーじゃないでしょうか。

たまたまこの文章を書いている時、
iTunesから流れてきた音楽が
米津玄師の『シンデレラグレイ』だったんですよ。

曲調や歌詞があまりにもマッチしていて、
僕自身の話でもなんでもないのに、
つい目頭が熱くなってしまいました。

マツケンの頭の中には、
こういうストーリーが思い描けてるんです。

だから未来に対して不安はあれど、
実現していく未来の姿は明確になっている。

これって本当に大きいんですよね。

自分が将来どうなっていたいのか、
まずはそのイメージを膨らませてみる。

それができたら、
その理想の未来と現在を結んであげる。

もちろん現在と理想の未来は、
今の状態ではあまりにもかけ離れていて
頭の中でうまく繋げないかもしれません。

でも、

そんなミラクルが起こるとしたら、
どんな要因が必要になるんだろう。

そういう風に考えてあげて、

現在と未来がちゃんと繋がるような
ストーリーを描いていけばいいんです。

僕も5年前の今頃は無意識にそうしてました。

何も持たない新入社員の自分が、
起業して成功して自由になるためには…。

うーん。

普通に考えたら、
それを実現している人に直接、
学んじゃう方がいいだろうなー。

でも無条件で教えてくれるような
奇特な人なんて普通いないよな。

あ、そっか!

お金を払ってコンサルを受ければ、
お互いがWin-Winになるだろうから、
コンサルしてる人を探せばいいんだ。

あ、でも、

どうせなら既に成果出てる人とも
たくさん知り合いになった方がいいから
他の仲間と交流できるような環境も
ちゃんと入った方がいいだろうな。

というか、
そうしないと絶対に無理だろうなー。

…という感じですね。

ここまでの話をまとめると、

夢を実現させたいんだったら、
生活のための消費や浪費を抑えて、
夢を追うための投資を大事にする。

それが難しいなら、
そのための状況作りからやっていく。

自分が成功している未来を描き、
その未来と現在を結んで、
自分の成功ストーリーを最初に作る。

その上で上手く結びつかない部分は
今の自分に足りてないものだから、
上手く繋がるような材料を
これから1つずつ獲得していく。

ということですね!

まぁマツケンに関しては、
今のスタンスをずっと続けられれば
いつかちゃんと成功するでしょう。

普通にすごい頑張ってるし、
ただ目の前のことに埋没しすぎず、
ちゃんと未来も見えているし。

毎日音声で質問してくれる内容も、
着眼点がすごい面白いですからね。

===============================

ノジーさんってよく添削の時に
『素晴らしい』という言葉を使いますが、

莉音さんとか結城おさむさんとか
ノジーさんから教わっている人も
『素晴らしい』という単語をよく使われます。

何か『素晴らしい』という単語に、
特別な意味や用法ってあるのでしょうか??

=================================

普通こんなこと聞かないじゃないですか(笑)

でも、こういうこと聞ける人って、
僕はすごく伸びると思います。

学生の時にインターンで行ってた
某大手の保険会社の人事部長の方も
『気づき』が一番大事だと言ってました。

仕事において、成長において、
もっとも重要なことは
どんなに小さなことでも気づける力だと。

そういえば、

先週末に継続メンバー限定のセミナーを
都内某所で行ったんですけど、

ひとりの女性メンバーが
髪色をマイナーチェンジしてたんですよ。

ちょっとだけ暗くなったというか。

やっぱり出している成果が大きい人ほど
『髪色変えました?』ってちゃんと気づいて
報告してあげているものですね。

思考停止にならず『気づき』を大事にする。

これも重要な成功法則です。

P.S.

来週から新しい講座の案内を始めます。

僕がやりたいことを全部詰め込んだような
そんな感じの通年講座になりますが、
ハマる人にはめちゃくちゃハマると思います。

完全に新しい体制、新しい名前での新企画は
なんと僕にとって3年ぶり。

すごく思い入れのあるPARTYを作りたいので
ぜひ来週からのご案内も楽しみにしていただけたら!

P.P.S.

そういえば、
最近読んだこのインタビューが最高でした。

https://r25.jp/article/545051307150263563

ZOZOの前澤社長の
お金に関する哲学についてです。

僕はビジネスの学びについては、
かなり積極的に使う方ですけど、
それ以外は正直あんまりだったので、
ガツンとやられましたね!

そもそも成功者ほどお金に執着しなくて、
手元のお金の優先度が低いものです。

もっともっと色んな体験や経験に
ちゃんとお金を使っていかねばと
身が引き締まる思いでした。

それ以外にも本当に勉強になるし、
損はしないのでぜひ読んでみてください~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です