『できないなりに頑張る』という思考の危険性

どうも、こんにちは。
ノジーです。

僕らが生きる社会では『とにかく頑張る』ということが
非常に重要な美徳として捉えられていますよね。

・頑張ることは素晴らしい
・途中で諦めることはよくない
・最後まで何が何でもやり抜こう

こういった主張を声高に否定するような人は
恐らくとても少ないんじゃないかなと思います。

というのも、
こういった努力至上主義的な考え方や感性って
あくまでもサラリーマン社会で生きている人を
対象にしたメッセージなんですよね。

当然ながら、僕らが特に不自由なく生きていける社会は
一般企業で頑張る会社員の皆さんのおかげで成り立っています。

理不尽で辛いことが多い中、
毎日頑張っているサラリーマンに対して

『ただ頑張っていてもしかたがないよ』
『その努力ってなんかいいことあるの?』
『もっと楽しいことが他にあるんじゃない?』

という風潮を社会全体で作り出してしまうと
いったいどうなってしまうでしょう?

きっとみんなやる気をなくしてモチベーションを失い
社会全体の生産性もガタガタになってしまいますよね。

もちろん最近では古い体質の日本型企業も
『努力量』よりも『生産性』を重視する流れにはなっていますが
まだまだ古い考え方を完全に捨て去ることはできていないでしょう。

そういうわけで『努力至上主義』的な考え方から
なかなか抜け出すことができない人って結構多いんですが、
ネットビジネスの場合、そんなことは本当にどうでもいいんですよね(笑)

どれだけ勤勉に働き続けたか
どれだけ上司と良好な関係を築けているのか

こんな物差しで評価をされて収入が決まることはないですし
自分がどれだけ成果を出したかがすべての世界です。

なので、どれだけ頑張っても成果が出ない人は稼げないままですし
逆に全く頑張らなくても大きな成果を出す人もいるわけです。

中にはこれを『不公平』だと考える人もいるかもしれません。

頑張った人より頑張ってない人の方が報われることがあるなんて!
というふうに嘆かわしく感じる人もきっと多いでしょう。

ただ、そういうふうに感じてしまう人は
結局のところ努力至上主義のリーマン思考から
全く抜け出せていないと言わざるを得ません。

『努力』とは成果を出すために必要な要素の1つであり、
それが全てだと思い込んでいては成長の見込みもありません。

生きていく社会が変われば、そこで通用する常識も
当たり前のように変化するわけですから
個人で稼ぐ力を手に入れるためには、
そこで成果を出している人の常識にコミットしていくといいですね。

価値を創出して相手に届ける

それではビジネスで成果を出すにはどうすればいいのでしょうか?

その答えを端的にいうならば、
『価値を創出し、それを必要とする誰かに届けること』
これができれば収入は上がっていきます。

結局のところ、お金を稼ぐという行為の裏側には
そのお金を払ってくれる誰かがいるわけです。

要するに誰かにお買い物をしてもらうということですね。

僕もネットビジネスを始めようと初めて思った時、
2万円程度のお金を払ってサポート付きの教材を購入しましたが、
それを実践すれば10万円以上稼げると謳われていたんですね。

つまり、それって僕からしてみれば10万円以上の価値のものを
たった2万円で購入できるなんて超オトクかもしれない!
という心理が働いたため、購入に踏み切ったわけです。

このように誰かにお金を払ってもらうためには
誰かにとって価値の高いものを作り
それをターゲットに知ってもらうことが大事になります。

そのためには
自ら価値の高いものを作れるようになる必要がありますし
それを適切に届けるための知識や実力を伸ばさないといけません。

ただとにかく努力さえすればいいというものではなく
しっかりと適切な価値を創出するスキルを身につける。

こんな目的意識を持って実践を重ねることが重要ですね。

『できないなりに頑張る』という思考法の罠

初心者の方にありがちな取り組み方に
『できないなりに頑張ってみます!』というものがあります。

もちろん、その前向きさは褒められるべきだと思いますし
それ自体は悪いことではありません。

だけど、やっぱり頑張るということ自体が目的になるのはNGなわけで
どういう目的を持って頑張るのかということを考えないといけないですね。

多くの人に大きな価値を感じてもらえるようなものを作ったり、
自分自身が価値を感じてもらえる存在になろうと思ったら
『できない』ことが多い状態は当然のように不利になります。

できることが多いほうがビジネスの活動の幅も奥行きも広がりますし
その分、多くの人に価値を感じてもらいやすくなります。

もちろん最初は『できない』ことが多いのは当然です。

僕だってサイトの作り方も知らなかったですし
アクセスを集める方法や効果的なコピーライティングの方法、
あるいはYoutube集客のスキルも全くありませんでした。

ただ『できない』と言っているだけでは
いつまで経ってもできるようにならないですし
ビジネスの成長を加速させるためにやらなければいけないことは
頑張って覚えてできるようにしていく必要があるでしょう。

誰かが進んでお金を払いたくなるくらいの
価値を感じてもらうためには確かなスキルが必要です。

値段以下の価値しかないものを無理やり売っていても
リピーターやファンもできないので長続きしないです。

つまり、安定的かつ幸福なビジネスを展開できません。

いつまで経っても『できないなりに頑張る』というマインドのままでは
『できない』という状態を受け入れてしまい、
その範囲の中でしか活動をしなくなってしまいます。

その状態では提供できる価値も小さくなりますし
それを必要としている人の数も増えない一方なので、
『1つひとつできるようにしていく』という
スキルアップの意識を大切にしていきたいですね。

『できないなりに頑張ろう』は最初の一歩を踏み出すときまでです。

そこからは確実に価値を創出できるよう知識を身につけ
スキルを高めていきましょう!

P.S.

『誰かを幸せにできるだけの価値を創出する』というスタンスは
『楽して片手間で稼ぐ』という考え方とは逆を行くものかもしれません。

しかし、

正しくスキルを身につけてそれを伝える方法を身につけていけば
より少ない作業時間で大きな成果が出せるようになるものですし、
実力と思考力があれば、安定してビジネスを続けていくことができます。

結局のところネットビジネスで自由に楽しく生きていくためには
そのビジネス自体にも充実感を得ることができた方が
トータルとしてのライフスタイルの質の向上にもなると思うんですよね。

楽しくビジネスをやって毎日を楽しく生きる。

そのために必要なスキルを前向きに身につけるという姿勢を
ずっと忘れずに持ち続けていきたいですね!


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です