ロンバケ的幸福論 × 不幸を引き寄せない方法

ノジーです。

ここ最近ですが、

主宰するサロンでセミナーをしたり、
会員制のアパレルショップを紹介してもらい
レザーのバッグを新調したり、
箱根の温泉でゆっくりしてました。

箱根の旅館は悪くはなかったのですが、
夕飯のふぐ鍋がだいぶ微妙で、
翌日東京で別のふぐ屋に行ったのは
ここだけの話ということで…笑

それで今回のメルマガですが、
後悔しない選択をする方法をお伝えします!

せっかくなので、
あなたも考えてみてください。

後悔しない選択をする方法って
いったいどんなものが思いつきますか?

・・・

答えは本当にもう単純明快!

人のせいにするのではなくて、
自分の心に従って決める限り、
その選択への後悔はなくなります。

『自分で選択した』という事実が
自分の心に自信をもたらし、
人生を好転させていくのです。

僕もずっとそんなことを思っていましたが、
女優の山口智子さんのインタビューを読み、
ぼんやりした思いがハッキリと形になりました。

とりあえず、
こちらの記事を読んでみてください。

特にこれから新しく何かを
成していく人には絶対に刺さります。

責任から逃れれば楽になる。

僕にとって人生で最も後悔した選択は、
就職先を決める時の選択でした。

僕は長く苦しい就活の結果、
全く趣の異なる2社から内定を貰いました。

1社はお堅く歴史のある大企業。
もう1社はベンチャーでした。

僕の心はベンチャーに行きたがったけど、
周りの大人や家族は大企業を望みました。

結局は自分の人生です。

周囲の声は参考にしながらも、
自分の意思で物事を決めるのは
当たり前といえば当たり前です。

でも僕は自分の心にウソをつきました。

『親の期待に応えたい』。

一見すると立派に思えるかもしれませんが
僕は崇高に見える理念を作り上げて
自分の弱さを隠すために利用したのです。

つまり親の期待に応えるのは建前で
本当は『決断』の責任から逃れたかっただけ。

自分の人生に責任を持つ、
勇気がなかったクソヤローだったのです。

誰かのせいにしても辛いだけ

『誰かのせいにする』という責任逃れは
決断を強いられた時のストレスから
自分自身を解放することができます。

でも楽になれるのは一瞬だけ。

その後は『とてつもない苦難』が
絶え間なく僕を襲い続けるようになるのです。

その苦難とは『後悔』です。

あの時ああしておけばよかった。
自分の意思を貫き通せばよかった。
別の未来が自分にもあったはず。

そんな思いを抱えながら生きるのは
想像以上に辛いものだということに
新入社員時代の僕は初めて気づきました。

自分で決めたことじゃないから
『タラレバ』は波のように押し寄せる。

誰かのせいにすると心が荒み、
荒んだ心が更に思考を狂わせる。

そんな僕は周りを憎み皮肉を好み、
まさに『闇落ち』をするんですが、
次第に不平不満を言うのにも疲れてきます(笑)

そこで1つの決意に至るわけです。

次に何かを決める時は
自分の意思だけで決めてみよう。

もう誰かのせいにするのは疲れたし、
誰かが僕の代わりに
辛い思いをしてくれるわけじゃないから。

だから、

自分でビジネスをやろうと決意した時も
会社を辞めて独立をした時も
僕の意思は相当に堅かったと思います。

それは自分に自信があるとか
勇気があるとかそういうことでもなく
単に『自分で決めたかった』というだけ(笑)

そろそろ責任逃れをして
誰かのせいにする生き方から
卒業したかったということです。

決断の幸福度は過程が決める。

山口智子さんも言っていました。

イエスかノーか、
自分で選択する限り後悔はない、と。

僕もそのとおりだと思います。

世の中の多くの人はこう考えます。

仮に二者択一の選択をする際、
片方が幸福でもう片方が不幸だと
あらかじめ決められているのだと。

でもそうじゃないんです。

『選択』とは初めから答えが決まっている
クイズのようなものではなくて、
『過程』によって答えが決まるもの。

つまり

『どう選択するか』(How)や、
『なぜ選択するか』(Why)が、
最も大事だということです。

山口智子さんが主演していたロンバケでも
最終回で彼女は世間一般の感覚的には
非常識と思われるような行動を取ります。

31歳で定職もない南(山口智子)は、
イケメンエリートで性格も最高な
男性からのプロポーズを断るのです。

そしてピアニストの卵とは言え
将来性に著しく欠けて
かつ超年下の瀬名を選ぶ。

その結果、

南ー!瀬名ー!

というドラマ史に残る名シーンが生まれるのです。

もし仮に南と瀬名が、
その後色々あって別れてしまったら
南は『もう一つの選択』の存在を
ふと思い出すでしょう。

でも心の底から後悔するかと言ったら
確実にそうはならないはずです。

なんだかんだで瀬名と出会ったことも
2人が一緒になったことも悪くなかったと
そうナチュラルに思えるはず。

なぜなら、

自分で決めたことには後悔はしないからです。

何を選択するか(What)ではなく
なぜ(Why)、どのように(How)
選択をするかで人生が決まる。

選択をした先に幸福があるのではなく
幸福とは【選択の仕方】で決まるものです。

それは特に、
これから幾度となく『将来の選択』が
繰り返される若い人に知ってほしいし、
そういう世代に伝えていきたい真理です。

だから僕は食事がハズレな宿に泊っても、
自分で真剣に選んだ場所だから後悔はしない。

だってちゃんと自分で決めたから。

瀬名と南の話に比べると
かなりスケールの小さい例ですが、
つよがりでもなんでもなく
心から後悔などしていないのです(笑)

P.S.

よく『親の言うことを聞きなさい!』と
自分の思想を押し付けたがる親の話を聞きます。

まぁ気持ち的にはわからなくはないですが、

『WhatではなくHowやWhy』。

その原理原則をキチンと子に伝えていくことが
子どもを幸せにできる最高の親だと僕は思います。

P.P.S.

先日渋谷と青山で行ったセミナーの
ダイジェストムービーが完成しました。

普段、僕がオフラインの場で
どんな感じで活動をしているかの
雰囲気はだいぶ伝わるはずです。

毎回無償で動画撮影と編集をしてくれる
サロンメンバーのDr.YTさんに感謝です!

ちなみに彼は今月ステップメールの自動化で
月収70万円以上達成されてるとのことで
ビジネスの方もかなり順調です。

強調しますが『自動化』ですからね!

多くのメンバーがプライベートも
そしてビジネスも理想形に近づくよう
僕もドンドン頑張っていきます。

あなたも前向きな姿勢と
正しいプロセスさえあれば
確実に理想へと近づいていけます。

それは僕やコンサル生たちが
その身をもって証明していることです。

なのでこれからも頑張っていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です