『何をするか』より『誰とするか』だと思う

こんにちは。ノジーです。

先週末はコンサルメンバーと一緒に
箱根へビジネス合宿に行ってきました。

ビジネス合宿と聞くと、
結構ヌルい感じをイメージする人も
ぶっちゃけ多いと思うんです。

どうせお酒飲んでただけでしょ?

とか

観光旅行のことを合宿っていうな!

とか(笑)

でも実際のところは、
かなりガチでビジネスしてました。

15時から26時くらいまで
ずっと会議室を貸し切って、
ひたすらみんなで作業タイム。

ひたすらメルマガやブログ書く人や、
コンサル生のサポートをする人、
今後の商品設計を考える人。

あとは互いに情報共有をし合ったり
即興でコンサルをし合ったりしてました。

コンサルタントとして活躍中の人も
かなりたくさん参加されてたので。

会議室には卓球台があったり、
お酒もたくさんあったので、
休憩したい人は各自休憩。

温泉も好きな時に入ってね。
でも基本はみんな会議室にこもって
ずーっとビジネスしてるよ!
っていう超自由なスタイル(笑)

それでも多くのメンバーが、

みんなとビジネスしてた方が楽しい!

と言いながらPCにずっと向かってました。

何をするかより誰とするかだ。

そんなメンバーたちの様子を見て、
僕も心から満たされた気分になったんです。

よく成功マニュアル本を読むと、
『何をするかより誰とするかが大事』
的な教えが書いてありますよね。

僕も実際にその通りだと思っていて、
社会人1年目に社員旅行があったんですよ。

あんま思い出したくもないんですけどね。

ただ思い出さないと
ここから先のメルマガ書けないので
嫌々ながら頑張って記憶を辿るんですけど。

その社員旅行って基本的に『遊び』で、
色んな観光名所をまわってみたり、
コンパニオンを呼んで宴会をしたり、
めちゃくちゃ豪華な料理を食べたり…。

内容だけ見ると楽しそうじゃないですか。

予算も結構な規模だったのか、
旅館も料理もすごい豪華だったし、
普段できない体験もたくさんできました。

ただ、

それが本当にキツかったんです…笑

もう早く終われよと。
俺の休日を返してくれないかなと。
何のためにこんなことしてんだろうと。

表面上は楽しいそぶりを見せながら
心の中ではずっと毒づいてました。

帰りのバスの中でお偉いさんが、
早く帰らないと半沢直樹に間に合わないなぁ
とかボヤいてましたけどね。

(だったらこんなもん企画すんなよ!)

と脳内で怒鳴り散らしてたのが当時の僕です。

その一方、

この前のビジネス合宿は
基本的にずっと仕事をしてました。

みんなで集まってひたすら仕事。

宿について仕事をして、
ご飯を食べて仕事をして、
温泉に入ってまた仕事。

…という感じで、

ストイックに仕事してたんですけど
参加メンバーの様子を見るとどうでしょう。

みんなすごい表情がイキイキしてるんですよ。

アンケートとか取ったわけじゃないから
内心のところはわかんないですけどね(笑)

でも、
合宿中のあの空間で感じることができた
ポジティブなエネルギーの一体感は
絶対に嘘ではないと確信ができます。

僕個人としても、
遊びばっかの社員旅行とは
天と地とも言えるくらい楽しかった。

それはやっぱり、

人生を充実させるためには
『何をするかより誰といるか』が
大事ってことの証明なんだと思います。

人間関係は自分で選択できるもの

死んだ魚の眼をしながら、
宴会の3次会のカラオケで
ミスチルのシーソーゲームを歌ってた
闇落ち社員旅行時代の僕のように、

普通に社会に出て働く以上、
人間関係に選択の余地はありません。

というか『選択の余地がない』と
盲目的に信じ込まされてしまいます。

一般的には、
誰と一緒に働くかも選べないクセに、
上司から好かれるか嫌われるかで
人生決まっちゃうとこも少なくないです。

僕が昔勤めていた会社にもいました。

『この人に嫌われたら
この会社では生きていけない』

みたいな謎の強キャラが。
(今思うと本当イタいです。)

でも、
本来って人間関係とか
自分が所属するコミュニティって
自由に選んでいいもんだと思うんですよ。

たとえば、

大学生なんかは本当にそうですよね。

サークルやバイトもいくつか掛け持ちして
自分が居続けたい場所を最終的に選べる。

だから毎日が楽しくなっていく。

僕って小学校~高校は学校に対して
あんまり面白い印象なかったんですけど
大学生活は本当に最高だったんです。

多分それっていうのは、
人間関係の自由度が関係してるんです。

でも一般的に社会に出ると、
関わる人やコミュニティって
自由意志で選べなくなるじゃないですか。

だから人生がどんどんつまんなくなるし、
だんだん追い込まれた感覚に陥っていく。

もちろん人生を豊かにするためには
収入を増やしたり時間を増やすのも大事です。

だけど『人間関係』に縛られてるせいで、
自分の人生が不幸になってるんなら
そろそろ主導権を取り戻しましょう。

人間関係は自分で選択できるものだし、
誰と接するかを変えることで
人生を理想形に変えていくことができる。

そういうパラダイムへシフトすることで
毎日はより豊かになっていきます。

起業とは居場所づくりである。

会社員生活に馴染めなかった僕にとって
起業とはある種の居場所作りのようでした。

自分にとって最高の場所を作る。

それが僕にとっての『起業』で、
それを常に追い求めてました。

よく色んな方から、
そんなにコンサルしてて大変じゃないの?
と質問をいただくんですけど、
ぶっちゃけ業務量ほどの大変さは感じてません。

基本的に僕が好きになれそうな人しか、
コンサルティングを受注しないですし、
無理そうな人はお断りしているからです。

普段からそういうことを心がけて、
自分自身の情報発信をデザインしてるし、
セールスする時も響いてほしい人にだけ
響いてもらえるような感じにしてます。

誰でも簡単に稼げる!とか、
あなたでも絶対に成功します!とか、
そういう煽りみたいなセールスって
結構たくさん見るじゃないですか。

あと、

これを知らないなんて損してますよ!
秘密のノウハウを知りたくないですか?

とかね。

もちろんセールスの手法として、
売るためのライティングって大事ですが
下品なことをして集まってくる人って
やっぱりちょっと違うと思うんです。

先週末の箱根合宿がすごく楽しかったのも
そこにいるメンバーが本当によかったから。

これに尽きると思います。

もし仮にその合宿の場所に、
空気を壊すような変な人がいたら、
みんなの満足度は下がってしまうんです。

せっかく購入したコンテンツ(商品)が、
思ってたより低い価値しか感じられなかったら、
それってかなり辛いことですよね?

楽しみにしてたライブに行ったら、
すごい嫌な客がいて残念だったとか。

意思表示みたいになっちゃいますけど、

僕は自分が心から付き合いたいと
本気で思える人に対して、
成長できる場所を提供していきたい。

そう心から思っています。

例えるなら吉田松陰の松下村塾ですね。

あんな感じで未来ある若者と一緒に、
熱くビジネスを論じながら、
理想の未来に繋がるルートを
切磋琢磨して進んでいければなぁと。

あ、もちろん。

若さというのは精神性の問題です。

どれだけ実年齢を重ねていても、
心さえ若くいることができたなら
人はどこまでも成長できますから。

誰と一緒にいたら死ぬまでワクワクできる?

ちょっと自分語りが過ぎましたが、
これから何かを変えていきたい場合、
付き合う人を変えるのが一番効果的です。

人生におけるストレスのほとんどが
人間関係に起因すると言われています。

ってことは、
周りの人間関係を整理していけば、
自ずとストレスも軽減されていくし、
より幸福度の高い日々を作ることができます。

ストレスが軽減されることによって、
健康にもなるし、モテるようになるし
仕事のパフォーマンスも確実に上がって
結果的に収入も増えやすくなります。

だから、
ぜひこのタイミングで考えてほしいんです。

あなたがいつでも出入りできる、
お気に入りの空間があるとして、

そこにどんな人がいてほしいか。

どんな人に囲まれながら、
大切な時間が流れていってほしいのか。

多くの人が忘れかけてることですけど、
人生って本当はもっと自由だし、
参加するコミュニティも自由意志の元に
各々が選択できる時代なんです。

あ、ちなみに。

ここでいうコミュニティっていうのは
もうざっくりと『人の集団』くらいに
思ってもらえたらいいんですけどね。

『誰と一緒にいるか』が
人生の幸福度を決定づける以上は、

僕らはもっと強く強く
そこにフォーカスしてもいいと思います。

・何をするかより誰とするか

・起業とは居場所づくり

・人間関係を選択できる生き方を

・誰と一緒にいたいかを考える

この辺りは今僕が心から伝えたいことです。

たとえお金持ちになったとしても、
時間的な自由が手に入ったとしても、
人に恵まれてないとやっぱ不幸です。

そして幸いなことに、
個人の働き方が多様化している今、
自分にとってベストな居場所を作ることは
誰にとっても容易になってきてます。

もちろん、

そのためには過去の常識から放たれ
新しい世界へと積極的に参加する、
ちょっとした勇気が必要です。

だけど、

自分が振り絞った小さな勇気が、
未来を大きく変えていくことを思うと
心の奥底から感動できたりしませんか?

そんな『感動の前借り』をしながら
胸を震わせるストーリーを描けたなら、
それ以上に素敵なことはないと思います。

そして、
そんな生き方を実現できるのが、
自分の居場所を自由に作る生き方であり
それを可能にするのが『ビジネス』です。

ということで、
難しいこと抜きにして!

今って個人ビジネスのハードルなんか
全然高くない時代ですから、
できることから動き出していきましょう。

P.S.

箱根合宿に参加してくださった
コンサル継続メンバーの朝日奈さんが、
先日、月収300万円を達成しました。

参考:コンサル生の朝日奈さんが月収300万円を達成しました。
(彼からのメッセージ記事です)

彼のことを知ってる人なら
多分、頷いてくれると思うんですけどね。

彼ってぶっちゃけかなり普通の人なんです。

インターネットに可能性を感じて、
カフェとブログを愛するだけの普通の人。

それでも、

自分自身を変える勇気、
夢へと焦がれる情熱の強さ、
正しい戦略と道筋。

あとはビジネスに夢中になる感覚。

それさえあれば、
当たり前のように成功していくのが
インターネットビジネスだと思います。

朝日奈さんの指導を通じて、
僕も大きな希望と自信と経験、
そしてエネルギーをいただけました。

これからも、
僕のもとで学ぶ人がどんどん
確実に成長しながら理想へと近づけるよう
自分自身を高めていきたいです。

自分が好きだと思える人には、
どれだけのものを費やしても、
まったくもって苦痛じゃないですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です