カート・コバーンに殴られた話

あけましておめでとうございます。
ノジーです。

新年のメルマガ始動がやや遅れましたが、
この時期ってたくさんメルマガも届くし、
何かと慌ただしい時期ですよね?

だからこれがベストタイミング!

ということで
本年もよろしくお願いいたします(笑)

さて、

新年早々僕のビジネスマインドを
大きく揺さぶる事件があったので
ぜひこちらで共有させてください。

最近itunesをシャッフルしていたら
NirvanaのSmells Like Teen Spiritが
イヤホンから聞こえてきました。

その時、ふと気づいたんです。

学生時代に狂ったように聴いたこの曲を
近頃は全然聴いていないことに。

世の中のすべてに不満を持っていて、
でも自分に原因があることもわかっていて、
その矛盾を上手く処理することができない…。

そんな思春期の僕が逃げ込んだのが、
Smells Like Teen Spiritでした。

カート・コバーンはいつも僕の味方で、
僕の矛盾を魂の叫びで解消してくれる。

本気でそう思っていた時期もありました。

『ハロー・ハロー・ハウロー?』という歌詞が
ずっと頭の中にこびりついていました。

『ハロー、どんだけ沈んでる?』

そのダウナー感が僕をずっと支えていました。

でも今はどうかというと、
あの時ほどこの曲にハマれないんです。

カッコいい曲だとは思うけど、
思春期のようにのめり込めない。

それは僕が大人になった証なのか、
それとも悩みを論理的に解決する
ビジネススキルが身についたせいか(笑)

僕は後者もあると思います。

自分の問題は基本的に
自分しか解決してくれない。

上手くいったら誰かのおかげ。
失敗したら自分のせい。

これまでのビジネス経験によって
そういう成功者マインドが
根本から染み付いてしまった。

だからロックンロールに熱中できなくて、
オシャンティーなEDMにハマったのか?

そんなことを思いながら、
自宅でひとりボーっとしていたとき、
僕は気づいてしまったんです。

『成功者マインドがロックンロールを遠ざけた』

そう定義付けてしまった僕は
なんとダメダメで愚かなんだろうかと。

以前、吉井和哉が言っていました。

ロックンロールは成功者が聴く音楽じゃない。
これから成功しようとするやつが聴く音楽だと。

僕は自分が成功者マインドを持ったから
ロックを受け付けなくなったと言った。

これではまるで、
僕が『既に成功した』と胡座をかき、
向上心をなくしたみたいじゃん!

そう気づいたとき、
僕はすごく恥ずかしくなったんです。

世の中はどんどん前に進んでいて、
カッコいい人たちも同様に、
時代と共に前に進んでいる。

時代が前進しているにもかかわらず、
自分が成功者だと勘違いして
その場にとどまり続けているようでは
絶対にダメになってしまいます。

だから『現状維持は衰退』なんです。

それにそもそもの話として、
僕は自分自身を成功者だと思っちゃうのは
とてもダサいことだと感じるんです。

カッコよく生きてる人たちって、
生涯チャレンジャーなんですよ。

夢は叶えるものじゃなくて、
叶え続けるものだって
そう本気で思ってるんですよ。

以前から言い続けているように、
僕は人生は1つのコンテンツだと思ってます。

一生かけて完成させる人生という名の
壮大な1つの芸術作品を想うとき、
やっぱりカッコいいものを作りたい。

そういう意味では、
やっぱり現状のマインドじゃダメだなと。

もっと『道なき道、反骨の。』的な
そんな生き方を追求していきたいなと。

そう思った次第です。

もちろん、
心が豊かになることはいいことだし、
自己責任マインドは超重要です。

反骨心が大事だと言っても、
周りに毒を吐きまくっていたら、
それはそれで大問題です(笑)

僕は起業を始めたばかりの頃、
元上司や大学時代の同期に対する
反発心や嫉妬が原動力でした。

そのネガティブパワーがあったから、
圧倒的な作業量をこなせたのは確かです。

でも、今更それを取り戻すのも不可能だし、
ネガティブエネルギーの力を使う時期は
僕の中でハッキリと終わりを告げました。

だからこそ、

『成功者マインド』を持ちながらも、
更に自分を高めていくための反骨心。

ポジティブ反骨心を大事にしていきます。

成功者マインドは超大事だし、
初心者の頃は特にそうです。

マインドも出来上がっていないような
初心者の時期はもうとにかく
成功者に相応しいマインドで実践をする。

『成功している自分ならどうする?』
『成功者であるあの人ならどうする?』

常にこういう考え方をベースにして、
自分の行動基準を決めていくのが大事です。

でも自分が成功者だと思った瞬間に
人は成長を止めて堕落してしまう。

一気にカッコ悪い大人になってしまいます。

何がカッコよくてカッコ悪いかは
当然人それぞれ違うと思います。

僕はできることなら、
永遠のチャレンジャーでいたい。

『これからもっと成功したいヤツ』、
その熱量を感じて生きていたいんです。

『成功者になりたい人』でいたいし、
夢がかなった人じゃなくて、
『常に夢を追いかける人』でいたい。

言い訳がましいかもしれないけど、
別に自分では弛んでいるつもりも、
調子に乗っているつもりもなかったです。

ただ昨年で言うと、

個人レベルでWEBを使ったセールスで、
月収3000万円近くの利益を出したり、
コンサル生も年収1000万円プレイヤー、
及びその候補生が続々と誕生したり、

そんな成果が出たことで、
無自覚ながらなんとなく
気持ちがダレてたのかもしれません。

僕はまだまだ成長していきたいし、
学ぶべきこともたくさんあります。

学びへの好奇心も大事にしたい。

幸いなことに、

僕には最高のメンターもいるし、
僕にない魅力を持つビジネス仲間も多い。

意欲の高いコンサル生も
僕を毎日のように刺激してくれるし、
彼らもまた僕にないものを持っている。

この環境に甘んじてはいけないし、
もっと有効に活用していけると思ってます。

また更に学びの質・量・幅も広げ、
その成長をメルマガやコンサルで
どんどん還元していきたいなと!

新年早々ではありますが、
NirvanaのSmells Like Teen Spiritを
このタイミングで聴いて昔を思い出して
本当に良かったな~と心から思います。

カート・コバーンに頭をぶん殴られた気分です。

2017年最初のメルマガから
かなりの自分語りになってしまいました(笑)

でも『これから夢を叶える人』なら
絶対に思うところはあったはず!

とにかくカッコよく生きる姿こそが、
最強のコンテンツなんだと。

そういう姿勢で日々頑張っていたら、
ビジネスも上昇気流に乗っていきます。

僕はビジネスをやり始めるまで、
やりたいことが特にありませんでした。

やりたいことに夢中になっている人を見ると
もうどうしようもなくたまらなくなって
一人で音楽の世界に逃げ込んでました。

当時を思うと今は超幸せですが、
そこで胡座をかいていると、
昔のモヤモヤしてた僕がそれを見たとき
絶対に憧れることはないと思うんです。

これからは更なる自分の成長を目指して、
ダサい生き方にならないように(笑)

定期的にNirvanaのお世話になりながら
2017年も突っ走っていきます。

ぜひあなたも理想の生き方を描き、
昔の自分が憧れる未来を創っていきましょう。

もちろん結果も大事ですが、
結果を出すまでの全力疾走こそ、
後から見返すとキラキラしてるもんです。

P.S.

昨月は僕が主宰するドリーマーズラウンジで、
カイロプラクターの平戸さんに講師をして頂き、
起業家のための健康講座を開きました。

セミナーのダイジェスト映像も編集したので、
ぜひよかったらこちらをご覧ください!

 

今年はどんどん異業種のノウハウと
WEBマーケティングをつなげる活動も
視野に入れていこうかなと考え中です。

P.P.S.

カート・コバーンに頭を殴られてから、
1日の過ごし方を改めて見直したら
気づいたことがひとつ…。

無意味にスマホさわる時間多すぎ!笑

ということで、
今までならスマホをいじっていた時間を
すべて『本』に代えてみたところ。

なんということでしょう。

毎日がすごく充実して楽しくなりました。
それに感性や知性も磨かれて
一石四鳥くらいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です