未来の自分を後悔させないための2つの軸

こんばんは。ノジーです。

前回の不定期メルマガでは、
僕の予備校時代の先生が仰っていた
心に残る名言をお伝えいたしました。

http://your365stories.com/wgsk/
→前回のメルマガはこちら。

その名言を改めてご紹介させていただくと、

==========================

別に学歴だけが人生じゃないし、
良い大学に行ったからといって
必ずしも幸せになれるわけじゃない。

むしろ志望校に行けなくったって
本人次第で幸せにはなれるよ。

そもそもの話、
人間の優劣を学力が決めるわけじゃない。

それでも敢えて言いたいんだけどね。

高いところからしか
見えない景色ってあるんだよ。

その景色を見るために
頑張ったやつにしか味わえない感動って
絶対にこの世界に存在するんだよ。

だからこれからも頑張っていこう。

========================

これって色んな人の人生における
色んな人生のステージで当てはまることです。

例えば、
ビジネスなんかはドンピシャですよね。

世間一般的な話をしますが、
年収って2000万円くらい稼げたら、
よっぽど派手な金銭感覚じゃない限り、
割と自由に生きていくことができます。

独身でかつ質素なタイプで、
経費を自由に使えるフリーランスだったら
年収1000万円でも十分かもしれませんね。

なので、

年収1000~2000万円まで行くと
それ以上を目指す必要性もなくなるためか、
途端にビジネスの実践や学びの追求において
ペースダウンしてしまう人も結構います。

むしろ僕は割とそっちのタイプで、
収入を増やすよりも優先したいことって
かなり、たくさんあるんですよ。

そもそも人間って本質的に、
叶えたい欲求はステージの変化に伴い
どんどん高次になってくものです。

ある程度の金銭欲が満たされた人は、
自己承認とか社会貢献とか、
そういう部分を求めるようになります。

人助けをしたいとか、
文化的なことをしたいとか、
そういうのも一例ですね。

ただ、

やっぱり売上を伸ばすというのは、
起業家としての使命でもありますし、
そこに向けて頑張り続けることでしか
得られないものも絶対にあるはずです。

現状維持は衰退とよく言いますが、
安寧に甘んじるようになった瞬間、
人はつまらない生き物になると思います。

だから、

金銭欲としての収入というよりは、
ビジネスのクオリティの証明として、
『売上』にはこだわっていきたいです。

あ、もちろん。

僕もビジネスを始めたばかりの頃は、
とにかく収入を求めていましたよ!

自分で自分を守れていない状態で、
家族や他人に貢献しようと思っても
それは甚だ難易度が高すぎます。

だから、
まだ稼ぎたいとかモテたいとか、
そういう欲求が満たされていないのなら
とことん自分を満たしてあげること。

そこにフォーカスしちゃうことをオススメします。

◆『やりたいこと』で人生を決めるな

『頑張ったやつにしか見えない世界がある』

こんなメッセージを前回のメルマガで配信したら、

『今やってることを頑張り続けると、
今は辛くても新しい世界が見えるのか?』

という質問が届きました。

それに対する僕の回答の
趣旨をまとめるとこんな感じです。

==========================

確かに辛いことでも続けていけば
新しい世界に出会えるかもしれません。

ただ人生は一度きりなのも事実です。

人生の中で見ることのできる景色など
そんなに何個も存在しないと思います。

戦うフィールドによって、
見える景色も違います。

バスケットボールを頑張っていても
甲子園には絶対に出れないように。

だから今の自分が頑張っている先に、
自分の理想はちゃんと存在するか。

それは常々考えないといけないです。

==========================

すると読者さんからは、
自分のやりたいことをもう1回、
ちゃんと考えてみようと思う、

という内容の返信が来ました。

ただ、それに補足させていただくと

今の自分のステージにおける
『やりたいこと』っていうのは、
あんまり信用できないことが多いです。

何となく『ケーキが食べたいな』と思って
コンビニでケーキを買って帰ったけど、
家に帰ったら別のものが食べたくなってる。

そういう経験って結構ありますよね…?

自分のステージが変わったり
時間が経過することによって、
好きなことは次々に変わっていくものです。

それに

最初は好きじゃないと思ってても
やってみたら意外と好きになれたり、

顕在意識では好意を持てなくても
潜在的には実は好きだった…

なんていうことは結構あるものです。

例えば、
僕はミスチルの大ファンなんだけれど、
小学校の時に初めて歌番組で見たときは、
なぜか好きになれなかったんです(笑)

そのあとテレビから流れてきた
『youthful days』を聴いて、
この曲カッコイイなーと思ったら、

あれ!?
これってあのミスチルの曲!?

なんか世間ではすごい人気だけど、
なんか好きになれなかったミスチル!?

みたいな。

でも『好きの反対は無関心』で、
嫌いは好きの裏返しっていうじゃないですか。

ラブコメとかでもそうですよね。

花男の道明寺と牧野のように、
最終的に結ばれる男女というのは、
第一印象最悪というのは典型例です。

『君の名は』でも瀧くんと三葉は
顕在意識では最初はぶつかってましたよね。

また興味がなくても
気づいたら好きになってるパターンもあります。

これは…ラブコメだと例は思いつきませんが、
現実世界ではこっちが割と多いはず。

確か幼稚園生くらいの時でしょうか。

『ヒーローショーに連れてってあげる!』
と言われた僕は目をキラキラさせながら
自転車に乗って親に付いていきました。

家から10分くらいの公園で、
そんなものが行われているなんて
全く疑うことすらしないで…

案の定、

到着した公園で行われていたのは、
楽しみにしてたヒーローショーではなく
少年サッカーチームの練習でした(笑)

僕は『裏切られた!』と思ったし、
そんな精神状態でサッカーをやっても
まぁーつまらないんです!

それに練習に参加してわかったことが
1個だけありました。

僕はサッカーがド下手だということです。

元々そこまで興味がなかったサッカーを
僕はその時に心から嫌いになりました。

僕的には本当に嫌だったけど、
習い事として集団スポーツをやらせたい
親の思惑通りに事が運んでしまい、
僕は毎週サッカー教室に通うことになりました。

しかし、

月日が経って小学校に入った頃、
新しくできた友達と一緒に
休み時間にサッカーをやっていたら
あるひとつの事実に気づくのです。

自分は周りの子どもたちよりも
サッカーが上手いんじゃないか…!?

その事実に気づいてからは
サッカーが自然と好きになったし、
レベルの高いチームへの参加を
自発的に親にねだるようになりました。

今でもサッカーは僕の趣味のひとつで、
6月からのワールドカップが今から
楽しみで楽しみで仕方なかったりします。

よくコンサルメンバーと一緒に
フットサルをしたりもしますが、
サッカーは僕の人生における
かけがえない生きがいになっているのです。

もし僕がヒーローショー詐欺にあった
当初の感情を優先していたら、
人生の宝物を失っていたことになります。

◆ 後悔しない未来を選ぶための2つの軸

何事も最初のイメージや感情で、
好き嫌いを判断するのは良くないし、
やりたいと思えるかどうかで、
物事を決めない方が良いです。

だから僕は

自分が本当にやりたいことが何か、
真剣に考えてみます!!

というスタンスは、
幸せへの道筋としては
あまり好ましくないと思ってます。

考えるべきは『やりたいこと』ではなく

・どういう状態の自分になりたいか
・何が『やりたくないか』

この2つではないでしょうか。

前者はつまり言い換えるなら、
『理想のライフスタイル』です。

何をやりたいかというのは
極めて限定的で狭い発想です。

そもそもの話、

『やりたいことなんて思いつかないよ!』
って人の方が多いんじゃないでしょうか。

僕も就活の時なんかはそうでしたもんね。

やりたいこととかないの?
って周りの大人から呆れ気味に言われても
『うーん、特にない!』って(笑)

でもそうじゃなくて、

・どういう家に住んでたい
・どれくらいの収入を稼いでたい
・どんな気持ちで毎日過ごしたい
・どんな1日のスケジュールがいい

とかなら無限に考えられるんです。

つまりストレートに言語化するなら、

WhatではなくHowで考えた方が
自分の本音に忠実に生きることができる。

ってことは誰しもに言えることじゃないかなと。

だから、
『何をやりたいか』ではなく、
自分の人生をどういう状況に
持っていきたいか。

そう視点を変化させて、
自分の理想を考えていくといいです。

後者の『やりたくないこと』については、
これはもうそのままの意味ですね(笑)

やりたいことはイメージできなくても
やりたくないことだったら本音で
何個でも列挙することができる!
って人は結構多いんじゃないでしょうか。

毎日決まった場所に行きたくない。
上司や先輩に頭を下げたくない。
スーツを着たくない。
営業をやりたくない。

みたいに自分の本音でいいから、
本当にやりたくないことを
どんどん列挙していきましょう。

それができたら、

『やりたくないことを全部やらない!
そんなライフスタイルを作るには
一体どうすればいいのだろうか??』

と現実的に考えていけばいいのです。

僕も最初はこの2つを起点にして、
将来のためにやるべきことを考えた結果、
インターネットを使ってビジネスする。
それ以外はないという結論になりました。

最初はブログアフィリエイトから始めて
今はマーケティングや情報発信を
収入源の中心にしているわけですが…、

別に最初から
ブログやWEBマーケティングが
好きだったわけでもありません。

好きでも嫌いでもなく、
完全なる『無』です(笑)

もう何の感情もありませんでしたし、
特に面白いともつまらないとも
思ってませんでした。

ただ『やるべきこと』として
淡々と何ヶ月もやり続けただけです。

でも不思議なことに、
実践を重ねて成果が出るようになると
面白く感じられるようになるんですよね。

すると、

『結果が出るから楽しい』という発想から、
『このビジネスのこの部分が面白い!』と
より本質的な所に思考がシフトしていくんです。

今ではビジネスも僕の人生における
かけがえない生きがいのひとつです。

いや、

ひとつというか、
BEST OF THEMって感じで、
完全に頂点に君臨しています。

マーケティングの流れを考えたり
コンテンツを作って発信をしたり
広告業界の本を読んだりするのって
シンプルに超楽しいですもん。

これはもう完全に、
子どもの頃のサッカーと一緒です。

最初から『興味がないからやらない!』だと
絶対に出会えていなかった楽しさって
誰しもに必ず経験があると思うんですよね。

それを最初の段階で決めつけてしまって
やるかやらないかを決めるのはもったいない。

人生めちゃくちゃ損しているわけです。

なので、

そういうリスクをなくすためにも、
ぜひ『やりたいこと』思考から抜け出して
『在りたい状態』と『やりたくないこと』、
この2つを軸に考えるようにしてみてください!

それでは!

P.S.

ビジネスの中でも特にこの数年ハマってるのが
『ブランディングの構築』です。

先週のhitomiさんの『マルエン』セミナーでも
その辺の話をガッツリとしてきました!

参加者のKanakoさんが、
セミナーの内容を彼女なりに
ブログにまとめてくださりました。

よかったらぜひ見てみてください~!

https://nozziedesign.com/pb1s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です