嫌いな人と無関係な世界へ

こんにちは。ノジーです。

以前とある読者さんから『稼げない人のリアルな特徴を知りたい』
というリクエストがあったので、僕の実体験をベースに
『稼げない人の特徴』をご紹介していきます。

もちろん、稼げない人の抱える特徴には多種多様なものがあるので
『これだ!』というピンポイントで指摘することはできません。

したがってこれから何回かに分けて
『稼げない人の特徴シリーズ』
みたいな感じでお届けしていこうと思います^^

それでは今日のテーマです。

***************************************

1,95%ができていない大前提
2,報われる努力と報われない努力
3,マイナスの感情をエネルギーにする

***************************************

1,95%ができていない大前提

ネットビジネスの世界では95%もの人が
月に5,000円以下しか稼げていないと言われています。

そう聞くと多くの人が数ヶ月あるいは数年単位で
努力を重ねているけどまったく稼げるようになっていない。

そんな風に捉えられるかもしれませんが、
実はそうではありません。

実際の所、ネットビジネスで月に5,000円以下しか稼げていないという人は
最初の1ヶ月程度しか努力をしていないケースがほとんどです。

その後はなあなあになって、
自然消滅的にブログを放り出して
勝手にやめてしまう人が非常に多いんですね。

実際にネット上を徘徊していると、
明らかに初心者と思しき人が作った
“数週間しか運営してなかったブログ”の亡きがらが山ほど見受けられます。

その度に僕は、

粗大ゴミ置き場で新品同然の家具を見つけた時みたいな気分になります(笑)

このままの方向性で毎日少しずつ記事を書き続けていれば
3ヶ月後には難なく月に10万円くらいは稼ぐことができ、
その後はメンテナンス程度で月収20万とか30万が口座に振り込まれるようになるんです。

方向性が正しいのなら、それを継続するだけでいいのに
自己判断でそれを勝手に諦めてしまう。

厳しい言い方になるかもしれませんが、
僕からしてみれば『稼ぎたくないのかな?』とか思ってしまいます(笑)

逆に言うと、数ヶ月とか1年単位でしっかりと頑張ることができた人で
目に見える成果が出せていないという人は僕はほとんど知りません。

リサーチ能力、データを読む力、先を見通す先見性
あるいは、マーケティングやライティングのスキル。

こういったものはネットビジネスで稼ぐために必要な条件ですが、
そもそもの前提として”2,3ヶ月は頑張る”ということができなければ
スキルを学んだところで何も意味がありません。

そこさえクリアできれば、ネットビジネスで月収10万円くらいなら
普通に稼げるようになりますので、まずは大前提をしっかり抑えることから始めましょう。

2,報われる努力と報われない努力

僕がネットビジネスが簡単だと思う理由の1つは
『ネットビジネスにおける努力は報われるものだから』です。

他の分野における努力をイメージしてください。

例えば、『東大に受かりたい!』と思って高校3年間をすべて勉学に捧げたとしても
東大の合格者には定員があるため、必ず受かる保証などどこにもありません。

また、僕の子供の頃の夢は『サッカー選手になってワールドカップに出ること』でしたが、
サッカー選手になるためには、プロクラブにスカウトされるかテストに合格する必要があります。

仮にプロ選手になれたとしてもワールドカップに出るためには、
23名のメンバー選考で監督に選ばれなければいけません。

先日のワールドカップでは、Jリーグのベスト選手の1人である中村憲剛や
ドイツの1部リーグで実績を残してきた細貝萌ですらメンバーから外れました。

勉学に励んだけれど東大受験に落ちた人やワールドカップに出れなかった選手の
努力が報われなかったなんて言い方はしたくありませんし、
そんなことを言う資格は僕にはないと思っています。

しかし、『目標が叶わなかった』という事実は変わりません。

残念なことですが、『定員』や『制限』がある場合、
報われない努力というものが存在してしまいます。

(先日、某お笑い芸人の方も言っていましたね)

そして、世の中の夢の大多数には定員や制限が存在するため
努力というものは報われない可能性が非常に高くなってしまいます。

しかし、

ネットビジネスには定員や制限はありません。

ネットビジネスで年収1000万円になれるのは100人以内とか
そんな馬鹿げた概念などあるわけがありません。

適切に努力を積み重ねていけば誰だって目標地点に辿り着けるのです。

頑張れっても報われないことが多い世の中において
しっかり頑張ればちゃんと報われるネットビジネスって異質ではないでしょうか。

『ネットビジネスで頑張れない!』という場合は、
ぜひ報われない努力と報われる努力について
しっかりと考えてみることをオススメします。

3,マイナスの感情をエネルギーにする

『やらなきゃいけない』とはわかっている
だけど、どうしてもやる気が出ない

こういう気持ちになってしまうのはあなただけではありません。

人間は誰しも遺伝子的に怠惰な性質を持ち合わせているので
どれだけバイタリティがあって成功している人でも
『なんだかやる気がでないなー』という無気力感に襲われることはあります。

当然、僕も同じです。

やるべきことがわかっていて、これをやれば稼げる!ということもわかっているのに
パソコンを開く気力すら起きないということは意外と頻繁に起こったりします(笑)

なので、もしあなたがやる気がでないことに悩んでいるのなら
まずは『それは自分だけの問題ではない』ということを理解してください。

そうすれば、とりあえずはだいぶ気持ちが軽くなると思いますよ^^

さて、そうは言っても

やる気が出ません。だから辞めてしまおう。

では全く稼げるようになりませんし成功することもできないので
なんとかして原動力を出していかないといけないのですが、
1つオススメの方法を紹介していこうと思います。

それは非常に簡単なことで、

あなたが嫌いな人を頭に思い浮かべる、
ただそれだけです(笑)

どうですか?
めちゃくちゃ簡単じゃないですか?

もし嫌いな人がいないという聖人君子のような人間性をお持ちであれば
嫌いなこととか嫌な経験をした思い出、でもOKです。

とにかく自分にとってネガティブなことを考えるのです。

その後はとにかく

嫌いな人とは別のステージにいく
嫌いなこととは無縁な世界にいく

そのような方向性のことを考えて
自分の中で燻っていたパワーを取り戻していきましょう。

実際に僕も会社員の頃に大嫌いだった顧客とか
反りが合わなかった先輩のことを思い出して
とにかく作業に打ち込んでいました。

『お前らなんて無関係の世界にいってやるからな!』
みたいなことを心の中で叫んでいました。かなり青臭いですね(笑)

このモチベーションアップ術は、実は今でもたまに実践しているのですが
実は1つ大きな問題があるんですね。

それは、

ネガティブを発端としたモチベーションは長続きしないこと。

このような負の感情から発生したパワーは瞬発的にはものすごい力がありますが、
長期的な視点で行動力をフォローアップしてくれるものではありません。

したがって、負のエネルギーでやる気を出した後は
上手くプラス方面のエネルギーを出していくといいですね。

例えば、成功した後の世界をイメージすることでもいいですし、
今やっている作業に楽しさを見出して没頭してみるのも非常にオススメです。

モチベーションの矛先を健全なベクトルに修正していくことで
長く頑張り続けることができますよ。

実際の所、一度やる気を出してしまえば
それを数時間続かせるのは難しいことではありません。

人間の心理には『一貫性の法則』というものがあり、
人は一度やると決めたことや、既にやっていることに一貫した未来を取りたがる生き物です。

そのためビジネスの実践を一度始めてしまえば、それをある程度持続させることは簡単です。

一番むずかしいのは、ダラけた状態からやる気モードにスイッチを切り替えること。
いわゆる『やる気スイッチ』を見つけることですね。

そのモチベーションの切り替えに、上述した『嫌いな人をイメージする』という
ネガティブな感情を有効活用することをオススメしますよ。

取引先の◯◯がマジでウザい!とか
新規顧客営業やりたくない!とか
昔オレに意地悪したあいつ見返してやる!とか

なんだっていいんです。

とにかく嫌なことから離れたいという願望を行動のモチベーションに変えていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です