これからの「個人ブランド」の話をしよう

こんにちは、ノジーです。

先日は5年来のお付き合いの、
永田武さんと渚ひろしさんが運営される
コンサル企画の上位継続コースにて
セミナーの外部講師をしてきました。

その様子は永田さんがFBにアップしてくださっています…!
https://nozziedesign.com/djseminar

今回のセミナーでは個人ブランドの作り方や
世界観重視のコミュニティ構築について
約2時間ほどお話をさせていただきました。

メルマガで月100万円以上稼いでいる若者、
アフィリで月50万円前後稼いでいる主婦、
デザイナーとして独立されている女性、

などなど…!

たくさんの参加者の方が意欲的に学んでくれて
僕としても本当に充実した時間でした。

今回は「ブランド」についての
セミナーをさせていただきましたが、
個人における「ブランド」と聞くと、

自分をどう良く見せるか

が大事だという印象を持つ人も多いでしょう。

だけど、
昨日のセミナーではとにかく徹底的に、

・ペルソナ設定と集客
・コミュニティデザイン

についてお話をしました。

個人ブランドがテーマなのに、
なんでそんな話??

と思われるかもしれませんね。

だけど、
実は個人ブランドを構築するためには、
集客とコミュニティが非常に大事なんです。

例えば、

2年ほど前からナイトプールが流行りましたが、
ナイトプールのブランドを構成する上で、
お洒落でルックスの良い若い女子たち(=顧客)
の持つ威力ってめちゃくちゃ高いですよね。

あと、
僕はブランドのISSEY MIYAKEが好きですが、
前田裕司さんやAlexandrosの川上洋平さんなど
僕がカッコいいと思う有名人たちが
こぞって愛用しているからという理由が大きいです。

つまり、
良いブランドを作るためには、
まずは「顧客集客」なのです。

どんな顧客を集客してきて、
そこでどんなコミュニティを作るのか。

僕は今「#CAST」という講座をやっていて、
それまではDLというコミュニティを
3年にわたって運営していました。

僕が情報発信して間もないときは、

・ブログや動画がわかりやすいから
・コンサル実績がすごいから
・メルマガが面白いから

といった理由で僕のコンサルを
申し込まれる人が多かったですが、

最近では、

・コミュニティの雰囲気がすごいから
・ノジーさんの周りの人たちが楽しそうだから
・懇親会の動画を見て心が惹かれたから
・○○さん(僕のコンサル生)みたいになりたくて

みたいな動機がかなり多くなってきてます。

あとすごい面白いなぁーと思ったのが、

============================

ノジーさんのメルマガや動画を見て
出てくる人がみんな楽しそうで、
なんかカッコつけてる感じが
すごい嫌いだなぁーと思って…笑

でも嫌いっていうのは要するに
憧れてる証拠に他ならないと思って。

思い切って飛び込んでみたけど、
本当に良かったです!!

============================

みたいな感じの人が
毎年複数名いることです…笑

でもそういう第一印象が悪い人ほど、
どんどんコミュニティの空気に
ハマっていくんですよね(笑)

少女漫画でもそうじゃないですか。

牧野つくしだって最終的には一目惚れした
花沢類じゃなく道明寺を選びますし。

好きの反対は無関心と言いますし、
第一印象で受け入れられない物事ほど、
最終的に好きになるケースは良くあります。

余談はさておき・・・

これからは個人の生き方が「仕事」になる時代で
自分のブランドをどう構築していくかが
重要になることは間違いないです。本当に。

でも「ブランド」というのは、
結局「その人の周りにどんな人がいるか」に
めちゃくちゃ大きく左右されるんです。

学生時代の時にもありませんでしたか?

あんまり見た目はパッとしないのに、
イケメングループの中にいるだけで、
すごく魅力的に見えてモテた男子がいた。

みたいなケースって。

あと「ダサい」と目されていたアイテムも
オシャレな人が使い出したら、
なんかカッコよく見えてくるものですよね。

だからこれからの時代で、
自分のブランドを高めていくためには、
「誰を集めてくるか」がすごい大事なんです。

「集客」というとほとんどの人が、
メルマガ読者が何人集まっただとか、
コンバージョン率が何パーセントになったとか
「数」にばかりフォーカスしますよね。

でもこれからの時代って、
集客は「数」よりも「質」の方が
はるかに重要になっていくと思うんです。

セールスの成約率に関してもそう。

単なる成約率よりも
自分の理想の顧客(ペルソナ)が
どれだけ購入してくれたかという、
ペルソナ成約率の方が大事です。

自分の理想の顧客を集めてきて、
その人たちと素敵な場を構築していけば、
場の空気感に魅力を感じた人たちが
自発的にどんどん集まってくる。

そういうビジネスって超理想的だなーと思うわけです。

先日のブランドセミナーでも話しましたが、
ブランドって超個人的なものなんです。

ルイヴィトンに超高い価値を感じて、
ビニールのリュックに30万円払う人もいれば
1000円でもいらないって人もいるわけです。

基本的に「数」に頼ったビジネスって、
個人でやっていくには限界が生じます。

精神的にもビジネスモデル的にも。

僕たちが組織に頼らずに
個人で自由になるには

例えるなら、

大量の顧客を捌く100円の回転寿司ではなく
多くのリピーターと紹介客に恵まれる、
カウンター5席くらいの知る人ぞ知る
予約待ちの寿司屋にならなくてはいけない。

要するにそういうことです。

セミナーに参加してくれた参加者の方でも、
今まで「情報発信」に抵抗があるという方もいました。

その方は個人の情報発信ビジネスを、
とにかくリストを集めて商品を売りまくるもの
という風に定義していて違和感があったようです。

もちろん、そういうやり方もあると思うし、
価値観や考え方の違いだってあるでしょう。

だけど、
僕的にはそうじゃないんですよね。

良いビジネスっていうのは、
価値観や理念を分かち合えるファンを作り、
互いを高め合える小さなトライブへと、
どんどん成長していくビジネスです。

その方が精神的にも健全だし、
楽しくビジネスができます。

結果として収入的にも、
そちらの方が無理なく伸ばしていけます。

なぜなら「良いコミュニティを作る」というのは
それだけで多くの人にとって価値あることだからです。

僕は中学生とか高校生の時に、
表面的には友達が多く、
クラスにも普通に馴染んでいました。

いわゆるリア充グループにもいました。

だけど何となく空虚感というか、
小さな違和感をずっと抱えてたんですよね。

本当にここが僕の居場所なんだろうかと。

会社員の時なんかはもっと顕著で、
本当に自分の居場所なんか
会社のどこにもありませんでした。

その責任は僕にもあるし、
僕の方から歩み寄らなきゃと思っても
マジでどうしていいかわかりませんでした。

何かアクションを起こせば起こすほど
裏目に出てしまうというか、
自分の心が締め付けられるようで。

でも、
自分で起業をして色んな人の話を聞いて、
そういったことに悩んでいたのは
僕だけじゃないって気づけたんですよね。

人の悩みは全て人間関係が原因である。

確かアドラー心理学の本に、
こんなことが書いてありました。

僕も心からそう思っていますが、
人間関係やコミュニティに関して
悩んだことのない人なんて、
この世に誰もいないと思っています。

だからこそ、
誰かひとりにでもいいから、

あなたに出会えてよかったとか、
理想のコミュニティに出会えた、

なんて思ってもらえたら、
それ以上の価値提供はないと思います。

基本的にどんなものでも、
買った後は価値が下がっていくのが
経済学の常ではありますが、

人と人とのつながりほど

経年劣化とは無縁なものは
存在しえないんじゃないでしょうか。

だから、僕はこれからも、
価値観や理念に重きを置いた発信をして
そこに共鳴してくれたメンバーとの場を
丁寧に大切にしていきたいと思うし、

何かにお金を使う時には
人との繋がりや思い出や学びなど、
経年劣化しないものに費やそうと思います。

ややざっくりとした話になりましたが、

「こういう風にビジネスをしたり
自己投資をすれば幸せになれるよ」

っていうモデルケースの一つとして
今回のメルマガを受け取ってくれたら嬉しいです。

最後に、
僕がビジネスをやってきて
一番よかったと思うこと。

それは自分が嫌だと思う人と
接する必要性がなくなったことと、

自分が好きだと感じられる人が
自分の周りにたくさん増えたことです。

それは価値観や理念が近くて、
向学心に溢れた人が周りに増えたから。

そういう仲間を増やしていけば、
自ずと人生は豊かになっていくと思います。

P.S.

今日は「#CAST」のメンバーと、
フットサルに行ってきます。

先月末はこんな感じで、
真面目にブログ構築についての
勉強会をしてきましたが、


コンサル生と一緒にスポーツした後に
お酒を飲めるって本当に最高です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です