時代遅れの情報発信 × ガール・イン・松潤

こんばんは。

今年のカウントダウンジャパンの
チケットが無事に取れて
ホッと一息ついています。

ノジーです。

『フェス』って何で流行ってるの?
って思われるかもしれませんが、
正に時代性にピタッとハマった
最強のビジネスモデルがフェスなんです。

僕も最近のメルマガでは
モノよりも体験に価値が移っていると
繰り返しお伝えしてきました。

だから、

情報発信ビジネスをする場合でも
ノウハウを売ろうとしても上手くいかない。

どんな空間をコーディネートして
そこにどんな人をどのように集めて、
どんな感情体験をしてもらうか。

そこを意識していないと、
今まで以上に情報発信ビジネスで
成果を残すのは難しくなっていくでしょう。

ただ、やっぱり勘違いしてる人の多いこと(笑)

トレンドやYoutubeやせどりなどの
いわゆる即金系ノウハウで成果を出したら
そのやり方を教えるビジネスをしよう!

そういう意識でメルマガなどの
情報発信ビジネスをしている人は多いです。

でもそれはあくまで形式的なもので
本質は全くもってそうではありません。

もっと美味しいカフェはたくさんあるのに
なぜスタバに人が集まるのか、
それを考えたら『ノウハウを教える』ことが
ビジネスの本質には絶対にならないはずです。

たまーに、

雰囲気だけでスタバ行くやつバカだよな!
みたいに斜に構えて否定する人がいます。

どんな意見を持とうが、
それは個人の勝手なので構いません。

ただ、

体験価値の高いコミュニティが評価され
自分自身も憧れの空間の『一部』となることに
魅力を感じる人が増えている時代です。

フェスや海外旅行、
ハロウィンイベントなんかはそうですよね。

自分自身が楽しむことが
商品の一部になっている。

今年『グランピング』が流行ったのも
近年の流れを考えると当然かもしれません。

そしてこれは日本だけの話ではありません。

一般論ですが、先進国化して
一定水準の物欲が満たされた国は
遅かれ早かれそうなっています。

モノで満たされたら次はココロなんです。

爆買いで有名な中国ですら
富裕層は体験価値を重んじる
傾向に舵を切った印象があります。

(特に先進的な上海では)

これからの時代を柔軟に生き抜き、
ビジネスで長期的な成果を出したいのなら、
体験価値時代の到来を理解すべきです。

それにも関わらず、
未だに『ノウハウを教えれば稼げる』以上の
思考ができていないのは、
マーケッターとしてかなりヤバイです。

情報起業とはよく言ったものですが、
モノよりも情報が価値がある現代において
ネットビジネスと情報販売の親和性は
非常に高く成果も出やすかったです。

でもこれからは
情報にお金を払う時代じゃない。

最終的に『情報発信』をしていきたいなら
その点はよく抑えておくといいですね!

顧客が商品をクリエイトする時代

僕が運営するドリーマーズラウンジ(DL)に
島崎さんという若い女性の方がいます。

普通に美人なんだけど
中身がコテコテな関西人というキャラで
多くのメンバーから愛されている杉本さん。

そんな彼女がまだDLに入る前の話。

初めて『自分の力で稼ぎたい!』と思い、
とあるネットビジネス系のセミナーに行くと
彼女は会場に着くなりこう思ったそうです。

なんか、みんなイケてないぞ…?笑

そのセミナーに参加してた人は
みんな服装も髪型も醸し出しているオーラも
何もかもがダサかったと…!笑

一方で島崎さん自身はというと
ただでさえ華やかな感じにも関わらず
しっかりオシャレをしてセミナーに参加した。

これでは浮きまくるのも無理はないです。

そんなこともあってか、
どれだけ提供するノウハウが素晴らしくても
その場には全く価値を感じなかったそうです。

そんな島崎さんはその後、
ノリが合う別のビジネスコミュニティに入り、
今ではDLで美容系マーケターのトップを目指し
日々奮闘中の毎日を送っています。

以前、彼女が入っていたTeam Let’s Goと
僕のDLは「イケてる人が多い」そうで、
彼女いわくこういう環境を知った以上、
もうダサい環境には投資ができないとのこと。

…うん、認められてよかった!笑

自分と同じベクトルを持った人が集う
良質なエネルギーに満たされた環境。

それは言い換えると、
自分が『大好き』だと思える環境です。

そんな環境で一つのことに打ち込むと
一体どうなってしまうのでしょうか。

・・・

答えは、『大好きなものを構成する
要素の一つになることができる』んです。

わかりますか?

『自分』と『好きなモノ』の間の
壁がなくなり同質化する喜びが。

こんなに幸せなことって
人生の中でもなかなかないでしょう。

学生時代のゼミ旅行で飛行機に乗った時、
その旅客機が『嵐JET』だったんです。

嵐のメンバーが描かれたジェット機ですね。

その時に隣りに座った同期の女の子が
「きゃああ!私、松潤の中に入ってる!」
ってずーっと大騒ぎしてたんですけど、
好きなモノの一部になるって超幸福ですよ。

これは例としては
ちょっと趣旨が違うのでアレですが(笑)

とにかく、

自分が好きな環境に入って、
考え方のベクトルが近い人とふれあい、
そこでの体験を感動できることが
今求められている価値提供じゃないでしょうか。

だから僕はビジネスの発信をしてますが
稼ぐよりも『学ぶ・感じる・集う』を
より一層重視しながら展開しています。

もちろん稼ぐことは大事です。
そこは否定する気はありません。

でも結局のところ、
『学ぶ・感じる・集う』要素を濃くして
場のエネルギーを高くしていく方が
みんな頑張ってくれるんですよね~。

そして頑張るから成果が出ると。

メンバー自身の感情的には
『ここで頑張る自分が好き』だから
頑張って学び実践をしていくわけです。

そうすると、

勝手に交流が生まれるし
学びへの意欲も高まるし
人としての器もデカくなっていく。

成果を出すために本当に必要なのは
こういうものなんだなと思います。
(ノウハウはまぁ最低限必要ですが)

前々から感じてはいましたが、
最近はもうそれが確信に近づいていますね!

だから、

自分を成長させたいとか、
もっとビジネスの成果を出したいとか
毎日を楽しくしたいという
ポジティブな欲求を持つ人。

そういう人は、
自分自身の憧れが具現化できるような、
何となくでいいので好きだと感じられる
コミュニティの一員になるといいですね。

やっぱりどういう人と
普段付き合っているかで
日々の行動も考え方も変わります。

そしてコミュニティというのは
属している1人1人の貢献で
その魅力や価値が高まっていきます。

スタバを考えてください。

スタバが好きな人は
あの雰囲気の中にいる自分が好き。

『雰囲気』を作るのは外装や内観、
照明や空間設計だけではなく、
そこに集う客も大きな役割を果たします。

つまり、他ならぬ自分自身もまた
『スタバの価値』を作っているのです。

それなら自分自身も
スタバの客として恥ずかしくない(?)
格好をして店に行きますよね。

それが『価値の享受』に繋がって、
幸福な感動体験として戻ってくるのですから。

なので、
自分がこの場で成長したいと思う
コミュニティを見つけ入ったなら、
積極的にそのコミュニティに貢献すべきです。

今や『商品の価値』は
売り手だけが頑張って創造するものではなく
『客もクリエイター』な時代なのです。

だからこそ感動的な体験が生まれるし、
圧倒的な成長や価値につながっていく…。

そういう点を踏まえて、

ビジネスで買い手側になる場合は、
自分自身がクリエイターになれば
その商品から得られる満足度が高まる。

ビジネスで売り手側になる場合は、
顧客を商品設計の一部にすることで
顧客満足度やリピート率が高まる。

こういうことは覚えておくといいですね!

モノから情報。
そして今は体験(商品創造)の時代です。

もし稼ぎ方やノウハウを売れば
ビジネスが軌道に乗ると思っていたら
時代錯誤も甚だしいですよ!

それでは!

P.S.

僕も昔は大間違いをしていました。

つまり自分さえ頑張れば
素敵なサロンを作ることができると。

まぁ傲慢極まりないですね!笑

空間を創るのはそこに参加する全員。
販売者も購入者もひっくるめた全員です。

それを考慮して、
どういう人をどんな価値観の元に集めて
どんな場をつくりどんな体験をするのか。

ここを忘れてはいけませんね!

P.S.S.

コンサル生の莉音さんが
先日ご自身にとって初めてとなる
プロモーション型セールスを行い
月収960万円を達成しました。

ブラックな医療事務時代の
年収の4倍だそうです(笑)

莉音さんにも今日のメルマガの内容を
ずっと口酸っぱく言い続けてきました。

その甲斐もあって
素敵なフォロワーに囲まれて
良い雰囲気の場作りができているみたいです。

まぁもっと売上も行けたんですが
今回は成約率よりもシンクロ率を重視したので、
素敵な場作りにそれが繋がっている感じですね~。

莉音さんからはコンサルを受けた
感想や実績者の声をいただいているので、
ぜひぜひ見てみてください!

これから独立して『平和な人生』を
実現したい方には必見です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です