アイドル産業を批判する残念な人たち

アイドル産業 批判

どうも、ノジーです。

突然ですが、
あなたはアイドルって好きですか?

僕は大学3年のクリスマス直前に彼女と別れ、
友達の家で冴えないクリスマスを過ごしていた時、
Youtubeの中でももクロと出会いました。

彼女たちの熱量あふれるパフォーマンスに触れ、
その足で近所のTSUTAYAに行き、
寒空の下で聴いたオレンジノートに涙しました。

それ以来、ずっと彼女たちのファンです。

また、Perfumeに関しては高校生の時から好きで
ライブにも何度も足繁く通っています。

業界の様々な分野のプロフェッショナル達が集結し
1つのプロダクトを緻密な計算の元に設計している。

その最終形態としてPerfumeの3人たちが舞台に立つと
プロのクリエイターたちによる『渾身の計算』を
遥かに上回るアウトプットが巻き起こる…。

これはBABYMETALなんかにも通ずると思いますが、
正に至高のエンターテイメントなんです。

なぜ、いきなりこんな話をしているかというと、
以前とある知り合いからこんなことを言われたからです。

======================

ノジーさん、
アイドル産業って僕は大嫌いなんだけど
ノジーさんはどう思われます?

ファンからお金を巻き上げるなんて
どう考えてもおかしいじゃないですか…。

========================

もう、この時点で1ミリも共感できないので
その場で電話を叩き切ろうかと思いましたが、
一応話を聞いてみるとこんな感じ…。

彼が働いているイベント会社で
新しく地方アイドルビジネスをやることに。

そこでライブや握手会、グッズ販売などを行い
ファンの殿方が払うお金が会社の収益に。

それを見て彼は幻滅した。

…以上!!(笑)

まぁこれだけ聞くと
ごくごく一般的なエンタメ産業ですけどね。

まぁもうちょっと聞いてみようと思って、
僕も夜中のホテルにて電話で尋ねるわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『そのアイドルの子たちは幸せそうなの?
そのもっとトップを目指そう!みたいな感じで。』

『はい、やり甲斐を感じてると思います。』

『ふーん、ファンの人たちはどんな感じ?』

『まぁ普通のファンって感じで…。』

『じゃあ、不満を感じてるとかじゃないんだね?』

『まぁ、そうだと思います…』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アイドルの子たちは夢に向かって頑張っているし、
目の前のファンを楽しませることに喜びを感じてる。

ファンの人たちは彼女たちの姿をみて
喜んだり感動したりして価値を感じている。

会社はそんなファンが感じる価値を
対価としていただき懐が潤っている。

…何に問題があるの?(笑)

まぁその彼は元々会社に嫌気が差していたので、
会社のやることなら何でも
拒絶反応が出る状態だったのかもしれません。

しかし、

『ファンから金を巻き上げるのは悪』という思想が
ちょっと『いかがなものか!』と思ったので、
僕の感じることを書き綴ってみたいと思います。

ビジネスで成功するために、
スマートな生き方を実現するために
大事なことをお伝えするので、
ぜひ最後までご覧くださいね。

『応援のため』にお金を使う

彼の発言からは『お金=奪われるもの』
という価値観が見えてきますが、
果たして本当にそうなのでしょうか?

自己啓発系の作家としては有名な本田健さんは
著書『スイス人銀行家の教え』にて
お金にどんな意味付けをするかは
その人次第と言っています。

つまり、

お金はお金として存在していて、
それを使う人が勝手に
例えば下のような意味を感じている。

権力、自由、安心、自分の価値、愛情、
邪悪なもの、友情、感謝、応援…。

このようにお金には色んな意味づけができますが、
それは単に使う人の感情の問題なんです。

だからアイドル産業を否定する彼の場合
お金というのは奪い奪われるものなんでしょう。

僕はまったくそう思いませんが…。

ここでアイドルに関して話を戻すと、
アイドルビジネスにお金を落とすファンは、
そのお金にどんな意味を見出しているのでしょうか。

確かに『楽しさや娯楽』を手に入れる
対価としての『価値交換』という側面も
実際にはあるかもしれません。

ただ、僕が思うにアイドルのファンは
彼らが応援しているアイドルを支持する
姿勢の表明として『応援』しているんです。

応援のためにお金を落としている。
僕にも同じような経験があります。

僕は高校生の頃、ラジオで流れてきた
チャットモンチーの『恋の煙』に胸を打たれ
すぐにシングルCDを買いに行きました。

その曲を聴きたければ、
TSUTAYAに行ってレンタルをすれば事は足ります。

また当時もYoutubeは今ほどメジャーではないにせよ
ちゃんとこの世に存在していたので、
無料でその楽曲を聴くことだってできたはずです。

でも、僕はシングルCDの購入を選んだ。

アルバムと比較すると
極めて割高なシングルを選んだ。

それは何故か?

彼女たちが売れてくれないと
レコード会社からクビになってしまい、
彼女たちの新曲をこれから聴き続けることも
僕の街にライブに来てくれることも
叶わぬ夢となってしまう。

無礼にもそう考えたからです…笑

だから僕はチャットモンチーを支持するために
超割高なシングルCDを購入した。

これは僕による彼女たちへの応援・投票です。

まぁチャットモンチーは
普通に売れていったわけなので、
当時の僕は何様だって感じですが(笑)

また、それ以外にも
無意識なところで『応援』としての
お金の使い方は至る所で見られるはずです。

巨大資本が裏に入ったファミレスに行かずに
地元の個人経営の飲食店に通ったり。

特定のブランドの雑貨や洋服を
毎回定期的に新調したり。

こういったものも
お金を投じるという応援の形です。

また、僕が大学生時代に祖母の家に遊びに行くと
『これで明日の昼ごはんでも食べなさい』と言って
必ずシワひとつない1万円札を手渡してくれました。

当然ながら、普通の大学生ですから
1回のランチで1万円も使いません。

でも、そういうことじゃないんですよね。

この『1万円』にしてみても
『ランチ代』という名目がありながらも
その本質は僕の人生を応援することにあり。

お金には様々な意味があって
その1つに『応援(投票)』がある。

特定の誰かを応援する、
特定の誰かを支持する意思表示として
お金を使う『粋な人たち』がちゃんといるんです。

2万円で人を感動させられるのか。

もう1つ大事なこと。

それは、アイドルは『人を感動させる』という
この世で最も崇高かつクリエイティブで、
陳腐化や同質化とは無縁の価値提供をしていることです。

『アイドルはファンからお金を奪っている!』

そう主張する人にこう聞いてみたいんです。

あなたにいくら払ったら、
僕を心から感動させてくれるんですか?

僕は前述の通り、
ももいろクローバーZの大ファンで、
今年の2月にはドーム公演に行きました。

およそチケットが1万円。
かなこカラーのTシャツが4000円。
予習用のCDアルバム2枚で約6000円。

そのライブに参戦するために
総額にして2万円を僕はももクロに費やしました。

その結果・・・
僕は人生で最も印象的な思い出、
そう言っても過言ではない素敵な記憶を
彼女たちからいただくことができました。

一言で言うと最高のエンターテイメント。
最高の感動と大興奮。

もし仮にですよ?

僕が2万円を誰かからいただいたとしても
その2万円で最高のエンターテイメントを
その誰かに提供することは絶対に不可能です。

『2万円やるから俺を感動させろ!』

…はい、無理です。

仮に桁が跳ね上がって2億円もらったところで、
僕がドームでライブして数万人の大衆を
感動させることなんてできやしませんから。

それを可能にするアイドルやミュージシャン、
映画監督や役者は本当にすごいと思います。

そして『エンターテイメント』や『芸術』は
往々にして誰かの人生の強力な支えになります。

僕の母の友人(僕とも交流がある)は、
2年前に旦那さんを病気で亡くしてしまいました。

そんな彼女は
今ではジャニーズグループの『嵐』の追っかけで、
全国ツアーも全箇所をまわり大忙しだとか。

彼女は『嵐』のおかげで、
つらい現実から立ち直って
楽しい日々を過ごされています。

CDやライブDVD、グッズを買ったり、
ライブチケットや遠征費を考えると
相当な額を『嵐』に費やしているでしょう。

でも1人の女性の『人生を輝かせる』ことを
数10万円で買えるなんて安いもんです。

誰が『彼女は搾取されている』なんて
血も涙もないことを言えるでしょうか。

 お金を使う時に心の豊かさが表れる。

色々とまとめていきますと、
アイドルビジネスに代表されるエンタメ産業は
唯一無二の価値を提供する最強のビジネスです。

昨今は様々な国産メーカーが
商品のコモディティ化(同質化)によって
差別化ができなくなり苦境に立たされています。

しかし。

感情に寄り添うビジネスは競合など無縁です。

昨今のマーケティングでは
車やブランド品などの『モノ』から
体験価値のような『コト』へと
消費者の嗜好が移っていることは有名です。

目に見えない感動体験に
最大の価値を感じる人が増えている。

そういう時代の中でアイドル産業のような
エンタメビジネスにお金を落とす人が多いのは
ごくごく自然なことではないでしょうか。

また、お金を使う人の思想について話すと、

応援や感謝のためにお金を使う人もいる一方、
『お金を奪うか奪われるか』みたいな
貧しい物の見方しかできない人もいます。

お金に悪い意味付けしか与えられない人は
自分が幸せになるためにお金を使うことができません。

お金を稼ぐ技術やノウハウを手にしても
お金を使うセンスを持ち合わせていなければ
確実にどこかで落とし穴にハマるでしょう。

『アイドルはファンから金を奪っている』

そういう思想が根強い人って
自分がお金を手にすることに罪悪感があるはず。

だから、その人自身が
お金持ちになるのは難しいですよね。
どう考えても。

また、自分が幸せになるためにお金を使う、
お金の動きを通じてライフスタイルを輝かせる、
そういう発想がないと毎日も楽しくないでしょう。

長くなったので
そろそろ締めようかと思いますが、

『アイドルはファンからお金を奪ってる』

なんて言う人は色々とズレまくっている!

ビジネスのセンスもないし、
ライフスタイルをデザインするセンスもないぜ!

ってことですね。

P.S.

ぜひLINE@にもご登録ください。

LINE@:http://nozziedesign.com/line

こちらをクリックしていただくか
『@nozzie』で検索してください。

今日のメルマガの感想とか
あなたの好きなアイドルについて
教えていただけると嬉しいです!

P.P.S.

新規のコンサル実績者ラッシュが続いています。

ほんの3ヶ月前まで初心者だった人が
月収20万とか40万とか越えていくのを見ると
本当に嬉しすぎますね!!

今回は思ったことをガー!!っと書き連ねた感じで
だいぶ長くなってしまいましたが、
これからの時代をビジネスで生き抜いていくために
非常に大切な話をしました。

ぜひぜひ、
何か心に刺さることがあれば幸いです。

それでは、次のメルマガで!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です