感情のままに選択肢が増える月曜日の朝

おはようございます。
ノジーです。

出張先の大阪市内のホテルから
約1ヶ月ぶりとなる不定期通信をお送りします。

今日はこれからコンサル生とUSJで1日中遊び、
明日は午後から丸半日、クローズドセミナーにて
個人ブランディングについて語りまくるという
非常に濃密な日々が待っているのでワクワク感も最高潮です。

そして今この瞬間に何よりも強く感じているのが
『制約のない生活って本当に最高だ』ということです。

僕はPC1台でビジネスを立ち上げ
場所や時間に縛られない日々を過ごしています。

今日と明日こそ重要な予定を入れたものの、
絶対に守らなければいけない約束は
それ以外には特に何もありません。

サラリーマン時代のように
定時までに決められた職場に出勤する必要もありませんし
何を着てどんな髪型をするかまで指図されることもありません。

いつ働きいつ休むかは完全に僕の自由ですし、
どれくらい働くかという判断さえ僕の手中にあります。

働きたい時に働き、
休みたい時に休む。

そんな生活が自然なこととして実現できているのです。

もし僕が一般的な企業づとめの会社員だったら
月曜日は普通に朝9時に出社する必要があります。

そのためには懇親会も途中で切り上げ、
有給申請を不承認した上司を恨みながら
夜行バスに乗り込んでいることでしょう。

あるいは、

朝一で新幹線の始発に飛び乗ったものの
同僚へのお土産を買い忘れてアタフタしているかもしれません。

悲しいかな、
それが世間一般でいうところの『常識的な日常』です。

勢いで『きょうは会社休みます。』と電話を入れてもいいですが
罪悪感や後悔にさいなまれるのが関の山ですので。

しかし、

その一方で、自分のビジネスを立ち上げ
時間とお金の両方を手に入れることができる人にとっては、
いつ家に帰ってこようが自分の自由ですよね?

月曜は大阪観光を満喫してから家に帰ってもいいし、
遊び足りなくかったらもう1泊増やしてもいいし、
そのまま思いつきで九州とか北海道に飛んでもいい。

とにかく自分の感情のままに選択肢が増えていくんですよね。

つまり、自分の思い通りに
自分のライフスタイルがデザインできるようになる。

何の制約もなく自分の好きなように
身の回りのことや将来のことを決められること。

これに優る幸せって恐らくないんじゃないかなと思って
これまでコツコツとビジネスを実践してきたわけですが
まさしくその通りだなと今ひしひしと実感しています。

僕は大金持ちになりたいという思いもそんなに強くないし
物欲や高級品を見せびらかすような自己顕示欲も特にありません。

ベンツのゲレンデには興味があるけど
今乗ってる国産車に愛着があるから
わざわざそこにお金を使おうとも思いません。

高級時計は一流の証とは知っていますが、
特に必要性を感じないので、
本当に必要になるまでは別にいいかなと思っています。

一応、毎月決まった日に
売上が口座に振り込まれることになっていますが
その日にちもよく覚えていないので、
気がついたら口座の残高が増えているという感覚です。

もちろん、

起業家である以上はお金という成果にはこだわりますし
その金額を目標にして日夜、良質なインプットを重ね
試行錯誤しながら実践を繰り返しています。

しかし、

そんなことよりも僕にとって大事なことじはたくさんありすぎるので
物欲や自己顕示欲といったものは必然的に後回しになってしまいます。

学生時代の友人にふらっと会いに行って
馬鹿みたいな話で笑い転げたり。

1人で見知らぬ土地を当てもなく歩いてみて
適当に目についたカフェに入ってみたり。

気になった本を大人買いして
朝から晩までひたすら読みふけったり。

数カ月後に迫るロックフェスのために
TSUTAYAとYoutubeを駆使して予習をしたり。

明日の起床時間を気にせずに
ヨーロッパのサッカーをテレビ観戦したり。

自分が心から最高だと感じる時間の使い方をしていれば
お金を使わなくても勝手に心が満たされていくんです。

世間一般のサラリーマンはよく、
頑張った自分へのご褒美といって給料を使って散財したり
ボーナスで高価な買い物をしていますよね。

そういうお金の使い方をするときって
欲しいものとの等価交換のためにお金を支払うのではなく、
お金を使うことそのものが目的になっていたりするものです。

人は高額な買い物をすることによって、
『こんなモノを買えちゃう俺ってすげー!』みたいに
自己肯定感を感じることができます。

また、その時にはアドレナリンが放出されて
ストレスが解消されて快感を得ることもできます。

つまり、わかりやすく言い換えると
日々の生活で満たされないものを満たすために
お金を使って解決していると。

必要なものや欲しいものがあるから買い物をするのではなく
単にお金をつかうことで満たされたいだけと言うこともできます。

でも、普段の生活そのものが満たされていれば
『お金を使って満たされよう』という発想に至ることがありません。

僕は幸いにも今やっているビジネスそのものが楽しいですし
それによって得られる時間的自由にも心から満足しています。

だから、物欲とか顕示欲もなければ
散財してストレスを解消することもないんですよね。

そんな話をすると
『じゃあお金なんか稼がなくてもいいじゃん』
なんて突っ込まれそうですが、それは全然違います。

貨幣経済の社会で生きる以上は、
人生の選択肢を増やすためにはお金が必要です。

もしお金が不足していたら
それだけで自分が選ぶことのできる未来は
必然的に少なくなってしまいます。

・お金がないから今の古い車に乗り続ける。

・ベンツのGクラスを買えるけど、今の車に乗り続ける。

結果は同じでも心理的には大きく違いますし、
『選べる』という自由があるからこそ、
幸せを実感することができます。

また、どれだけ精神的に強くなれたとしても
一定水準以上のお金がないと人は不安になってしまいます。

お金があることそのものが幸せとは思いませんし、
実際に金持ちでも不幸な人は腐るほどいます。

ただ、お金があることで幸せになるための選択肢が増えること。
これもまた誰もが認めざるをえない事実ですよね。

お金は幸せと等価交換することは絶対にできませんが、
幸せになるための様々な手段と等価交換することができます。

そうである以上、
『とりあえず稼いでしまう』という思考は
とても素敵で美しい考え方だなと。

僕は何もかもが不自由だった会社員時代、
スキルも貯金もコネもない自分でも最短で稼げる方法を求め
最終的にネットビジネスにたどり着きました。

そして幸運にも初心者のための王道ルートを見つけることができ
愚直に歩み続けた結果として今のストレスレスな生活があります。

もちろん、ネットビジネスそのものは楽しいですし、
仕事に関する本を読んだりアウトプットをすることは
もはや趣味といえるレベルかもしれません。

ただ、あくまで大事なことは、
それを通じてどんなライフスタイルを実現できるかです。

僕の場合は自分が心から望む毎日を実現する方法が
ネットビジネスくらいしかわからなかったので
淡々と自分にできるベストを重ねてきました。

ですので、

もしネットビジネス以外に選択肢があったら
別にそちらでもよかったかなと思うんですよ。

大事なのは『どんなライフスタイルを実現するか』で
ネットビジネスはそこに至る過程にすぎないですから。

なぜこんな話をするかというと、

よく僕のもとにも色んな方から
自分にはネットビジネスは向いていない気がするとか
楽しくないから元の生活に戻ろうと思うといった
ご意見やご相談が寄せられてくるんですよね。

その度にいつもいつもこう感じてしまうんです。

『この人は目的と方法を履き違えてるんじゃないかな?』と。

ネットビジネスは目的ではなく方法です。

今をときめくセカオワもRPGという曲で言っていましたが、
方法という悪魔にとりつかれるんじゃなくて
目的という大事なものを思い出す必要があります。

自分が心から叶えたい日々があるのなら、
それを叶えるための方法に対して
向いてないとか楽しくないとか言っても仕方がないんですよ。

コネなし、資金なし、スキルなし

そんな人でも世間一般的な感覚からすると非常識な速さで
圧倒的な収入と時間的な自由を手に入れられる方法は
僕はネットビジネス以外にはそうそう知りません。

ネットビジネスの存在を知り、
僕のメルマガに登録している。

これだけで世間一般で言う常識人よりも
一歩も二歩も有利なわけですから、
ぜひこのチャンスを活かしていってくださいね。

P.S.
最近はメルマガでお伝えしていませんでしたが
僕の商品を購入された方から実績者ラッシュが続いています。

・実践から1ヶ月で月収10万円を突破された方。

・海外在住でも月収12万円を達成された主婦の方。

・自分で稼ぐだけでなくクライアントに月収30万円稼がせた方。

『ゼロから稼ぐ』という視点で言うと
これ以上のノウハウはないんじゃないかなという自信は
正直、商品を作ったときからずっと持っていました。

今はその自信が確信に変わっています。

P.P.S.
暦の上では次のシルバーウィークは11年後だそうですが
別に僕たちはそれに合わせる必要はありません。

11年待ちたければ11年後でもいいし、
もっと早くしたければ自分のビジネスを動かして
それまでに軌道に乗せればOKです。

カレンダーに縛られない日々も
自分の行動次第で現実にできるという
可能性に気づくことから始めていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です