英雄の条件

こんにちは。ノジーです。

 
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
 
 
僕は最近、というか1年くらい前から
マンガを読む機会を増やしてまして、
LINEマンガを駆使して読みまくってます。
 
 
やっぱり起業家たる者、
良質なインプットはとても大事ですし、
起業して成功している人で、
マンガが好きな人は多いです。
 
 
僕はもともと、
 
ジャイアントキリングや、
宇宙兄弟やキングダムなど、
 
モーニング系の人気マンガが大好きで、
僕が主催するビジネスサロンでも、
『キングダム部』という部活動まで
作ってしまうほどキングダム好きです。
 
 
ただ、
最近読んでとにかく面白かったのが、
『ガンバ!Fly high』。
 
少年サンデーで90年代に連載してた、
体操をテーマにしたスポ根マンガです。
 
僕が小学生の頃に、
名探偵コナンの30分前に、
アニメ版が放送されていたので、
ご存知の方もいるかもしれません。
 
 
僕も当時アニメで見ていたこともあって
『懐かしいな〜』と思いながら、
軽いノリでマンガを読み始めたのですが…
 
ストーリーがかなり面白いし、
キャラクターが個性的で魅力抜群。
 
 
体操未経験者の中学生が、
鉄棒のスペシャリストになって
オリンピックの金メダリストを目指す!
 
 
というスポーツ系マンガの
王道的なストーリーなんですが、
子どもの頃には気づけなかった、
刺激と学びに溢れた作品でした。
 
 

フィクションを味方につける

 
今の人生を変えてみたい、
もっと良い生活を手にしたい、
ビジネスでもっと成功したい
自分自身の可能性を超えてみたい
 
 
このメルマガを読んでる方の多くは
少なからずこんな思いを持っていると思います。
 
 
それはつまり言い換えると、
 
====================
 
理想とは程遠い状況にいる、
自分自身(=主人公)が現状を変え
理想の未来に到達する。
 
そんなストーリーを体験したい
 
====================
 
とも言えますよね?
 
 
そして、
 
多くのマンガや映画を見ると、
人生を変えていくキャラの特徴や
人生が変わるシーンの特徴って
だいたい同じだったりするんです。
 
 
例えば『努力』。
 
桜木花道も星飛雄馬も、
南波ムッタもキングダムの信も。
 
みんな目標を叶えるための努力をしてます。
 
 
あるいは『メンター』。
 
桜木花道にはゴリや安西先生。
星飛雄馬には父一徹や姉明子。
ムッタにはシャロン博士。
信には王騎将軍。
 
こんな感じで、
理想の未来へと誘ってくれる人が
絶対に存在するわけです。
 
あとはライバルが存在してたり、
最終的に強い光に出会うためには
一回強烈に闇落ちしたり、
ストーリーには必ず共通点があります。
 
 
こんな話を聞いて、
 
 
なんだ作り話の話じゃねーか!
 
 
そんな風に切り捨ててしまう人も
もしかしたらいるかもしれませんが
それは本当にもったいないこと。
 
 
なぜなら、
人々を熱狂させるストーリーは、
必ず人々の実生活にリンクしているから。
 
人は自分とはあまりにも無関係なものに
心を揺さぶられたり熱狂したりしません。
 
 
キングダムもワンピースも、
るろうに剣心でもいいですけど、
 
リアルを生きる読者の実体験や、
読者自身の考え方や生き様。
 
その他諸々の『現実』に響くからこそ
共感が生まれ感動が生まれるのです。
 
 
だから、
 
僕たちが人生を変えていくためには
努力やメンターやライバルが必要だし、
それ以外の要素もそう。
 
 
自分が最終的に成功を収める、
そういう筋書きのストーリーだとしたら
 
自分という配役はいったい、
どんな行動を起こせばいいのか。
そしてどんな状況をデザインすればいいのか
 
 
そういう思考で
毎日を過ごしていくことが必要です。
 
 

困難は英雄の条件である

 
話を『ガンバ!Fly high』に戻します。
 
名言揃いのこのマンガで、
特に胸に響いた箇所が31巻。
 
主人公の藤巻駿たちに、
監督が送るメッセージです。
 
=====================
 
困難を乗り越えてこそ、
真の英雄は生まれる
 
いわば困難は英雄にとっての
必要条件というワケです…
 
この困難を乗り越えて、
『伝説』を作りましょう!!
 
======================
 
どうでしょうか?
 
五輪で金メダルを目指す、
という次元の高い話じゃなくても、
ビジネスで人生を変えていく上で、
何かしらの困難はつきものです。
 
新しいことを始める以上は、
なんだって難しいと思うんです。
 
 
僕自身も最近は新しい挑戦として
知り合いの芸術家の方とジョイントして
新しい教育ビジネスをやろうとしてますが
本当にむずかしい!!笑
 
 
思えば、
 
副業でブログアフィリを始めた時も、
情報発信を始めた時も、
コンサルティングを始めた時も、
 
新しい挑戦を始める際には
なんだって困難が付いて回るものです。
 
 
でもイメージしてほしいんです。
 
『主人公が成功する映画』を撮るとして
その映画を最高に面白くするとしたら…
 
絶対に『挫折』とか『困難』って
削ってはいけないシーンですよね?
 
 
僕らの人生もそれと全く同じで、
最終的に成功を手にしようとするなら、
困難がないなんて不自然すぎるんです。
 
 
だから、
もしあなたが今現時点で、
何かしらにもがき苦しんでいるなら、
それは『英雄の必要条件』を満たしてるってこと。
 
そんなプラスのイメージで、
ご自身の現状を肯定してあげてください。
 
 

主人公モードで行こう!

 
もちろん、
困難や未知の世界に直面した時、
人は『恐怖』を感じるのがフツウです。
 
 
1年くらい前でしょうか。
 
とあるメルマガ読者さんから、
僕のLINE@の方にこんなメッセージが届きました。
 
==========================
 
人生を変えるための挑戦がしたい。
だけど心の中は不安でいっぱいで、
正直、怖くてやばいです…
 
==========================
 
 
新しいことに挑戦する以上は、
そこに『怖さ』を感じるものです。
 
宇宙兄弟でもそうでした。
 
宇宙飛行士選抜試験の前、
主人公ムッタは弟ヒビトが書いた
遺書を読んでしまったり。
 
※現役宇宙飛行士は何かあった時のためにみんな書くやつ。
 
実際に起こった
悲惨な着陸ミスによる
爆発事故の映像を見たりして、
 
宇宙飛行士になることに対して
恐怖心を抱いてしまいます。
 
 
だけど、
ムッタは最終的にこう決意するのです。
 
 
死ぬのは嫌だけど、
月に行かずに死ぬのはもっと嫌だ!
 
 
ネットビジネスの場合は、
別に挑戦のリスクなんてないし、
そもそも必要経費がありません。
 
だから、
論理的かつ冷静に考えると、
やらないリスクなんかないのですが
それでも怖いのだとしたら、
それは人間の性ってやつでしょう。
 
 
でも、
そういう時こそ考えてほしいのです。
 
 
自分は『自分が理想の世界に到達する』
という結末のストーリーにおいて、
主人公に配役されたキャストなのだと。
 
もし、
 
その道筋の途中で不安があったり
嫌なことがあったり誰かの邪魔が入ったら
こう捉えてあげましょう。
 
 
これは物語を盛り上げるために、
脚本家が用意してくれた
幾つものスパイスのひとつなんだと。
 
 
P.S.
 
今年ですが『変革』の年にしていきます。
 
今まで集中的に取り組んできたことを
思い切って終わらせてみたり。
新しいことに挑戦してみたり。
 
ビジネス歴が長くなると、
無意識で変化を拒んでしまって、
成長が止まってしまう人も多いですが、
そういうのはカッコ悪いじゃないですか。
 
だから自分で自分を誇れるような、
そんなスタイルでビジネスしていきます!
 
 
P.P.S.
 
昨年末は新規のコンサルメンバーが、
ビジネス初心者の段階から次々と
続々と月収10万円や30万円を突破したり、
 
2年ほど継続してくれてるメンバーも
プロモーションで月収2000万円達成したり、
 
コンサルタント冥利につきる年でした。
 
 
今までの活動をぶっ壊すとは言っても、
『理想の1つの形』をできる限りは
彼らに対して提示していきたい。
 
そういう情熱が冷めることは決してないので、
人数や規模感は限定せざるを得ないにせよ
コンサルや添削はガンガンやっていきますよ!
 
 
それでは、
今年も共に学びと成長に溢れた年にしましょう。
 
改めまして、
今後ともよろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です