ビジネスビギナーはまず何から始めるべきか

こんにちは。ノジーです。

今日は久々にネットビジネスにおける
超初心者向けの内容をお届けします。

僕は今では色々と活動をしてますが、
最初に何からやるのかという話になったら、
確実に選ぶのは『ブログ』です。

それも物販とかではなく、
ただアクセスを集めるだけで稼げる、
アドセンスメインのブログをやります。

先日、

僕のコンサルを受講されてたことのある、
マーチさんから約1年ぶりに連絡がありました。

※彼は僕のコンサル期間が終わった後にも
定期的に近況報告をくださる律儀な方なのです。

その内容というのが

何気なくアドセンスの画面を眺めてたら
ノジーと出会ってからの1年半で、
アドセンスだけで650万円を稼げたことに気づいた

というものでした。

ビジネスの『ビ』の字も知らない状態からの
1年半で650万円の利益というのは、
相当にすごいことではないでしょうか。

しかも彼は副業で時間がなかった期間も、
子育てなどで実践から遠ざかっていた期間もあり、
実働時間は確実にもっと少ないわけですからね。

彼はガッツと思考力に長けたナイスガイですし
新しいビジネスの仕組みを構築中でもあるので、
今後は更に収益も伸ばしていくでしょう。

今年は副業元年ということもあり、
僕の学生時代からの友人や知人からも
色々と相談されることがあります。

・YouTube
・輸入など物販系
・投資系(仮想通貨、FXなど)

色々とありますけど、
個人的にはやはり『ブログ』がオススメです。

僕が2013年の夏に初めて実践した副業も
アドセンスメインのブログでしたが、
心理的な参入障壁の低さが特に魅力でした。

ブログの参入障壁と聞くと、
ドメイン代などの初期費用が安いとか、
在庫を持たなくていいとか、
物理的な面の壁の話をする人が多いですよね。

でも僕の場合は、
そこにも魅力はもちろん感じてましたが、
心理面での障壁の低さがとにかく響きました。

というのも、
ブログって要は文章を書くだけじゃないですか。

…というと語弊があるかもですが、
要するに文章を書くだけなんです。

そして『PCで文章を書く』っていうことは、
僕のライフスタイルにおいて、
とても馴染みがあるものだったんですよね。

学生時代は論文やゼミの課題なんかも
すべてパソコンで作成をしていましたし。

就活の時もエントリーシートは
基本的にPCで書いて提出してました。

自己PRとか志望動機とか、
かなりの文字数を書いていました。

あとアルバイトでもそうですね。

実はスポーツ新聞社でサッカー専門の
ライターのバイトを2年してましたし、
代官山のカフェで働いていた時は
1週間に1回スタッフブログを書いてました。

またmixiなどのSNSでも、
定期的に日記を更新していました。

つまり、
PCで文章を書くことに慣れてたから、
文章を書いてアフィリエイト報酬を得る、
という働き方も自然と受け入れられたんです。

だから新しいことをやるんだけれども、
完全に新しいことではないというか。

そういう感覚を持つことができたから、
自然とビジネスに打ち込むことができたし、
思考の基準も最初から高く持てたんですよね。

でも、今までのライフスタイルの中で、
文章を書くことに馴染んでこなかった人は
もっと色々と障壁があるんだと思います。

例えば、

なんで俺、文章書いてるんだろう…。

みたいなことに悩んだり。

これって文章書くのが普通な人には、
全然わかんない悩みなんですよ。

大学で1万文字とかの論文を書いたり、
就活で何10社もESを書いていれば、
1000文字とかのブログ記事って
まぁぶっちゃけヌルいわけですから。

そういうケースだと
悩みの次元も高くなります。

もっと早く書くにはどうしたらいいとか、
バズる文章ってどんなんだろうとか、
SEOに効果的な書き方ってどんなかなとか。

だから、
自分にとって自然なものをやることは
ビジネスの基準を上げることに直結するので
成果も自ずと上がりやすくなります。

なので、
僕が最初の段階でYouTubeとか物販とか、
そっちを選んでいたらどうだったかなーと。

僕ともっとも付き合いの古いコンサル生で
『Dr.YTさん』という方がいますけど、
彼は元々は芸能関係のお仕事をされていて、
動画の撮影や編集のプロフェッショナルでした。

そして、遊びで撮っていた動画を
YouTubeにあげたりしていて、
既にそちらでは成果を出されてたんですね。

彼は動画というフィールドにおける、
心理的ハードルが高かったんです。

また公私ともに仲良くさせていただいている
ビジネス仲間の『とみーさん』。

彼は輸入ビジネスでの成果がすごいですが、
元々は商社で会社員として働かれてたので、
いわば輸入の専門家だったわけですよね。

心理的なハードルが低ければ、
ビジネスの細部における基準も上がります。

『神は細部に宿る』と言いますが、
ビジネスの細部に目がいくようになれば、
自ずと結果も上がっていくんですよね。

だから、

これから新しく何かをやりたい場合は、
自分が今までに経験してきたことや
『これならできるんじゃないか』と
直感的に思えるものを選択するといいですね。

ただし『そんなの1個もないんだけど…』
と感じてしまうこともあるかもしれません。

だけど、
ラフな心で考えてみてください。

文章を書くとか自分の思いを伝えるとか、
何かを調べてわかりやすくまとめるとか、
そういうのって今までの人生の中で
絶対に経験してきたことがあるはずなんです。

それこそ義務教育とかで。

だからこそ、
心理的なハードルという観点で考えても、
文章を書いて広告収入を得ていく、
ブログは初心者の方に特にオススメしたいです。

それに今の時代って、
名もなき個人が発信力や影響力を持って、
自分のバリューを上げていくことが
歴史上でもっとも簡単な時代なんです。

そういう意味で、
『今は個人の時代だ!』と叫ばれています。

今から20年後とか30年後とか、
そこまで先のことはわかりません。

ただ少なくともこれからの何年間で、
『文章』を超えるコミュニケーションツールが
世界中に普及することはまずあり得ないでしょう。

だから、

『文章を書く』ことが習慣化できてる人は、
それだけで時代を味方にすることができるし
これからの社会を生き抜いていくための
超強力な武器を手にすることができるわけです。

逆にどれだけスキルがあっても、
そのスキルの有用性だったり、
それを有している自分自身のバリューを
言語化できない人はやっぱり厳しいでしょうね。

文章を書くことに馴染んでいる。

そういう状態に自分自身を持っていけたら
あとは戦略次第でどこまでも豊かになり、
理想のライフスタイルを実現することは可能です。

心理的なハードルが低く、
これから需要が伸びる武器も手に入り、
なおかつ簡単に始められて、
しかも報酬発生のハードルが低い!

こんなビジネスって激レアだと思いますよ。

報酬発生のハードルが低いというのは、
アドセンスの場合は1クリックされれば
30円とか40円とかの稼ぎになります。

確か僕の場合は23円くらいが
記念すべき初報酬でしたけど、
自分の力で稼ぐって自信になるんですよね。

たかだか20円なんて、
駄菓子くらいしか買えない額です。

でも雇われて貰ったお金じゃなくて、
完全に自分の力で稼いだお金って、
かなり大きな自信を与えてくれるんです。

その自信が自己肯定感につながり、
自己肯定感を持つことで人は、
エネルギーを自家発電できるようになる。

うぉぉおおお!!!

ってやる気がみなぎってきて、
全能感というんでしょうか。

なんか何でもできちゃう気がするんです。

ブログが簡単とは言っても、
大きな成果を出すためには3ヶ月とか半年とか
まとまった期間の継続は必要になります。

世の中に継続が得意だなんて人は
ほとんどいないことは承知ですが、
小さな自信が生む自己肯定感によって
人は継続力を手にすることができます。

このまま頑張っていけば
更に良いことがあるに違いない!

と自分が成功する未来のイメージに対して
リアリティを感じやすくなるためです。

だから報酬発生のハードルが低いという点は
ビジネスマインドが成熟していない、
初心者の段階では特に必要じゃないかなと。

あとはメリットを挙げたらキリがないですけどね。

過去に書いた記事が資産になって、
何もしなくても収益を生んでくれるとか。

時間や場所に縛られずにPC1台で完結できるとか。

最近は僕の周りで結婚ラッシュが続いてまして、
友人の奥さんからすごい質問されるんです。

在宅でできる仕事がしたいと。
何ができるか教えてくれないかと。

特に転勤族の旦那さんと結婚された人は、
その辺の事情ってやはり切実ですからね。

それで、つい先日も
知人からそんな相談をされたんですよ。

妹が何か在宅でできるような
ビジネスを探しているんだけど…と。

今の仕事を辞めて在宅で働きたい理由を
色々と聞いてみたところ、

『家で死ぬほど刑事ドラマを見たい』
『だから会社に行く時間が勿体無い』

というもので、
まだ20代半ばなのに大丈夫か…。

なんて思ってしまったんですけど、
そういう本音中の本音みたいな理由って
なんか自分に正直で良いですよね(笑)

思えば僕もビジネスを始めた理由って

「ワールドカップが開催されてる期間は
会社に行かずに家にずっといたい」

でしたからね。

あと小説をずっと家で読んでたいから、
ネットビジネスを始めたって人も身近にいますし。

ちなみに刑事ドラマが好きなら、
刑事ドラマの感想や考察ブログを作って、
アドセンスに合わせてVOD案件を流せば、
普通にうまくいくはずです。

いずれにしてもネットビジネスにおいて、
ブログって伝統的なジャンルになりますが、
伝統って残る理由があるから伝統になるんですよね。

参入障壁も低いし意外と奥深いし、
収益発生のハードルも低いので、
ぜひまだ何も動いてない場合はオススメです。

もうすでに動き出している場合は、
ぜひ自信を持って継続していきましょう!

もちろん思考停止にならないことは大事ですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です